投資原則: 株は、安く買って高く売る。このルールでデイトレすればいいだけ


・株価が前日比10%以上マイナスをデイトレせよ。

- 株価が値下がり率8%, 9%のものは、10%にまですぐ到達する。 我慢して待て。

- 板の状況をみて、株価が反転するタイミングを見て買いを入れろ。

- IPO銘柄は売買するな(株価の値動きが激しすぎるし、動きが読めない。デイトレには向いているが、リスクが高い)

- 日足チャートを見て、前日まで高値をつけていたものはデイトレするな

- 出来高の少ないものはデイトレするな(売るのが大変)

- 株価の値下がり率が10%を超えるタイミングで、狼狽売りが時々ある。これは素直にデイトレすべし。

- マーケットメイク銘柄はデイトレするな。出来高も少なく、買った時点で証券会社に歩がある。

- 値下がり銘柄が多い時は、デイトレするな。反発する可能性が低い。

・株価が寄りつき売り気配をデイトレせよ。

- ニュースを見て、特に悪材料が出ておらず、地合に連れて株価が安くなったものをデイトレせよ。

- 日足チャートを見て、前日まで株価が高値をつけていたものはデイトレするな

- 出来高の少ないものはデイトレするな(売るのが大変)

・持ち越した銘柄が買い気配から始まったら、迷わず寄りつきで売れ。

- 意味もなく買い気配から始まるものは、株価は寄りつき天井のものが多い。

・レーティング格上げ+目標株価がセットされた銘柄で、株価が現値からの乖離が大きいものはデイトレせよ。

- 株の買い圧力が高いのを確認してデイトレせよ。

- 株価がストップ高までいく可能性が高いかを見極めよ。

- これだけの材料でも株価がストップ高に行かないものは、諦めて売るべし。

デイトレが原則

- 株を持ち越すと、その日のニュースに左右され、株価変動のリスクが高い

- ザラバが見られない場合は、デイトレするな

・ロスカット基準

- 株価が買値から2%下げたら売り。機械的に売りをいれよ。

- ロスカットするときは成行で売れ。ただし、出来高の少ない銘柄はやや下の株価で指し値売り。

- ナンピンするくらいだったらロスカット