今日は大きなニュースがたくさんありました。


帰ってきて、ニュースを読みあさっていたら時間が遅くなってしまいました。

 

まずは、なんといっても、このニュース…


ビッグスリーの救済法案が、アメリカ上院でまさかの廃案となりました。


昨日までは、大筋合意されたと伝えられていましたので


市場では、大きなネガティブサプライズとなりました。

 

報道も大変混乱していたようで、情報が交錯していました。


お昼くらいには修正協議が妥結したと報じられましたが、


数分後には、法案が廃案になった旨の発表がされるなど、市場は振り回されました。


市場の中では、合意できる見込みだったので、大きな落胆を示しています。


金融安定化法でも同じように、期待を抱かせた上での否決がありましたが、


今回も、その時と同じようなパターンです。

 

ビッグスリーが生き残るためには、残る策は不良資産救済プログラムによって


一時的な融資ができるかどうかが、最有力の候補として挙がっていますが、


ブッシュ政権の政治力が落ちている中で、厳しい見方も多いのが事実です。


こうなると、ビッグスリーの破産法適用も現実味を帯びてきました・・・。


本当に、破綻してしまったらどうなるのか…


想像を超えるような金融危機が起こるような気がしてなりません。

 

ちょっと、内容は過激ではありますが、Yahooのニュースに出ていた記事が


非常に興味深かったので、破綻した時の行く末を予想するひとつとして見てください。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081212-00000045-scn-bus_all

 


廃案を受けて、日経平均は急落しています。


一時は600円を超える下げを記録し、8000円近くまで一気に下げてきました。


同時に、円高が急ピッチで進み、一時は88円ちょうどくらいまで円高が進んでいます。


原油相場も、2ドルくらい急落。


世界経済全体が、廃案を受けて大きく潮目が変わりました。

 

アメリカの相場が、これから始まるところですが、


暴落することは必須で、週末にかけて政府が何かしらの支援を発表するかが


大きなポイントとなりそうです。

 


また、来週は色々なイベントが予定されていて、大きいところではFOMCがあります。


さらなる金利引き下げがあるのが予想されていますが、仮に0.75%の引き下げがあると


日本とアメリカの金利が逆転することになります。


こうなると、円高が一層進むことになりますので、輸出企業は大打撃を受けます。


FOMC次第ですが、日本の金利もゼロ金利にせざる得ない状況になるかもしれません。

 

 


公開ポジションですが、廃案を受けて大きく動きました。


自動車株は廃案に円高の二重苦で、トヨタも含め大きく下落しました。


スズキも11%超の下げと、大きく下げてしまいました。(T_T


今回のポジションも、法案成立の可能性が高いとの読みで


ポジションを維持することに決めたのですが、予想外の事態になり残念です。


かなりの部分はヘッジできたのですが、今日は大きくサヤが開きました。


サヤ取りは、比較的安心な投資法ではありますが、仮にGMが破綻するような事になると


どうなるか想像もつきません。


週末のアメリカ政策次第ですが、この状況だと白黒はっきりしないと


株式も手を出しにくい感じになってきました。


ポジションは、5%のロスを超えたので、週明けに切ろうと思っていますが、


週末に何が起こるか分からないので、状況を見て判断しようと思います。

 


ポジション
売り: 三井金属(5706)
買い: スズキ(7269)
現在の利益率: -5.71%
持ち越し日数: 9日目


■株ぅの2008年の投資成績■
 年間利益率 +51.4%
 勝率 62.9% (27戦 17勝 10敗)

  

↓ポチッとクリックして、ランキングの応援お願いします
にほんブログ村 株ブログへ