確定申告の計算を、だいたい終えました。

今日、残りの計算をして、明日申告しようかと思います。


昨日も書きましたが、

 「特定口座だから・・・」
 「損失が出て赤字だから・・・」

という理由で、確定申告しないと損しますので、今一度確認ください。

 


さて、今日はいくつか大きなニュースが出ています。

ニュースの内容は、後でお伝えするとして、まずは相場関連から。


アメリカ市場は、昨晩急落しています。

297ドル安と、昨年来の安値に接近してきています。

理由は、金融機関が大きな打撃を受けると、ムーディーズが伝えたためです。

金融株は、平均8%もの下げを記録しています。


昨年11月下旬の最安値からは、だいぶ戻していましたが

ここに来て、再度底値にチャレンジする勢いになっています。

 


日経平均株価も、今日も下げており、年初来安値を更新しています。

アメリカほどはさげていませんが、111円安の7534円で引けています。

 


そんな中で、GMが政府に再建計画を提出しました。

雇用削減を含む人件費削減、生産能力の削減など、リストラ策を発表しています。

政府への支援要請を、当初の倍にあたる最大300億ドル(2兆7000億円)

に増額して要請しています。

政府支援が得られないと、3月末に破綻の可能性を示唆しています。


支援額の増額からみて、経営環境は益々悪化していることが伺えます。

トヨタ自動車なども減産で対応していますが、それでも大幅な赤字ですので

ビッグスリーは、それを遙かに上回る規模で、赤字が増加しているのでしょう。


昨年考えていたプランよりは踏み込んだ内容になっており、

従業員は4万7000人を削減、いくつかのブランドは売却。

製造拠点も14拠点削減するとなっています。


ただ、債務の株式化については進んでいないようで、

総合的に判断して、政府が追加支援するか、いよいよ破産法適用申請か

判断を迫られる段階にやってきました。


向こう、1ヶ月くらいは、政府支援の動きに関心を寄せておく必要があるでしょう。

 


日本では、若干上向きのニュースも出ています。

トヨタ自動車が、5月から増産と伝えられています。

反応は様々ですが、市況反転のきっかけになるのでは?という見方もあります。


本田は、新しいハイブリッド車「インサイト」の販売が好調です。

目標の倍の売上を達成しているように、日本の自動車業界は

暗いニュースばかりではないようです。

 

自動車関連以外では、オバマ大統領が7870億ドルの景気対策法に署名しています。

日本は、中川財務相の辞任劇で騒いでますが・・・。

いつも、メルマガを書いていると、日本とアメリカの比較が多くなりますが

なんとも悲しくなります。

 

 

公開ポジションは、今日はやや堅調で、戻しています。

あまり大口の動きなかったようですので、安定的な動きでした。

挽回するためには、ちょっと大口の買いが出てこないと苦しいかも知れません。

普通の出来高では、あまり株価が動かないようなので

大口の動きが、IHIの値動きを牛耳っているような感じです。


日証金の信用倍率も、1.0倍を割ってきているので

ここからの反騰に期待したいところです。

 

では、また明日~


ポジション
売り: 日経平均先物ミニ
買い: IHI(7013)
現在の利益率: -2.07%
持ち越し日数: 6日目

 


■確定申告忘れていませんか? 【申告期限は3月16日まで】


特定口座の人でも、投資成績が赤字の人でも、申告した方がお得です!!


投資による赤字分を、その年だけの結果にとどめず、

▼ 今後に繰り越すことで、無駄な税金を払わなくてもすむ
▼ また、還付分があるならば、払いすぎた税金を取り戻せる

のです。必ず、確定申告しておきましょう。


そんな確定申告について、非常に良くまとまったのがあります。

私も持っていますので、初めての確定申告で良く分からないという人には

是非お勧めします。


  確定申告マニュアル ==> http://www.sayadori.org/shinkoku.html

 

  

↓ポチッとクリックして、ランキングの応援お願いします
にほんブログ村 株ブログへ