3月末の配当取りを迎えた1週間が終わりました。

いつもながら、配当取りをドキドキしながら迎えているので

ここまでの時間は長く感じました。


週末を迎えますが、セミナーDVDが完成したのでパッケージ化をします。

もうすぐ、お届けできると思いますのでお待ちくださいね。

 


ダウは絶好調です。もうすぐ、8000ドル台も回復しようとしています。

3月末が近づき、そろそろGMの支援の結果が出されると思います。

AIGのボーナス問題で、個別企業に対する救済の目が厳しくなっています。

何かしらの支援はするが、支援の規模は小さくなるというのが大勢です。

週末を控えて、何か材料が出る可能性があるので注目しておきましょう。

 

日本株も、アメリカの流れを受けて好調なスタートです。

ただ、ここまで連騰が続いた事もあり、また配当落ちを迎えた事から

徐々に買いが弱くなって、終値では前日比若干のマイナスで終わりました。

 

個別銘柄でみると、REIT関連がストップ高続出しています。

与党が、REITに対する支援を検討しているということから買われました。

これまで、不動産セクターの不調に伴って、REITは相当下げていたので

好材料にはかなり敏感に反応した感じです。


REIT関連がストップ高が相次いだのに対して、配当落ち銘柄は下げがきつい感じです。

このメルマガでもお知らせしていた配当銘柄だと、


アイフル 15%下落
武富士   6.7%下落
みずほFG 6%下落


と、高配当だった銘柄ほど下げが大きくなっています。

配当取りを狙うのであれば、王道は1晩だけの持ち越しが得策でしょう。


むしろ、このパターンを立証できれば、空売りも有効な手段かもしれませんね。

 


今日の公開ペアの動きです。

残っているのは1ペアだけですが、今日はちょっとだけ戻しました。


3/18寄り仕掛け
売 4005 住友化  -6.33%
買 4183 三井化学 4.42%


一進一退の攻防です。でも、損切りにならなかっただけ、ほっとしています。

来週の挽回に期待です。

 

来週からは、また新しいペアをいくつか仕掛けたいと思います。

週末にいくつか発掘してみます。

 

みなさま、良い週末をお過ごしください。

 

  

↓ポチッとクリックして、ランキングの応援お願いします
にほんブログ村 株ブログへ