こんにちは。発行人の株ぅです。

 

昨晩(今朝?)は作業しながら起きていて、ダウ平均10,000ドル超えを見てました。

いい勢いだったので、超えるんじゃないか?!

と思っていたら、本当に超えてしまいました。

普段見もしない、アメリカのザラ場が気になってしまい

つい、チラチラと見てしまいました。

何の得にもならないのは分かっていますが、変な達成感があります(笑)

 


さて、アメリカ相場は、表題の通りダウ平均が10,000ドルを超えました!!

終値でも、10,000ドルを超えてきました。

約1年ぶりの10,000ドル台回復ということになります。

日本は、一足先に日経平均株価10,000円という節目を回復しましたが、

ここ最近のアメリカ相場の上昇は力強い物があります。


アメリカ相場の上昇を主導したのが、JPモルガンの決算発表です。

市場予想を上回る決算を発表しており好感されています。

まだ、今週も決算発表が目白押しですが、好調なスタートを切っています。

 


日本市場も、ダウ高値を受けてご祝儀相場です。

大きく上値を追う展開にはなりませんでしたが、上昇機運が続いています。

9,500円近辺から、今の水準まで、ほぼ一本調子で上昇しています。

日経平均株価の終値は、178円高の10,238円と大きく上げています。

強いの一言です。

 

為替相場は、円安に振れています。

つい先程、アメリカの消費者物価指数が発表になりました。

また、ECB総裁が「強いドルが極めて重要」との発言を受けて、

ドルが急速に買われています。

つい先程、ドル円相場は91円近くまで戻しました。

 

そして、こちらもつい先程ですが、ゴールドマンとシティが決算発表しています。

シティは、市場予想を上回るも赤字決算です。

ゴールドマンも、市場予想を25%近く上回る好決算を発表しています。

今日のアメリカ市場も強いですかね。

 


ニュースにもなっていますが、日本では来年度の概算要求が

90兆円を超える過去最大の規模に膨れあがっています。

赤字国債発行が避けられない情勢になっており、

日本国債の信頼が低下する懸念が出てきました。


個人的には、子供手当などは赤字国債を発行してまでする必要ないのでは?

と思ってしまいます。

確かに、子供を増やして国力を高めることは必要ですが、

赤字国債を発行して、ツケを子供に回すのはどうかと思ってしまいます。

民主党政権が、いろいろ過去の膿を出してくれているので、

なんとか赤字国債を増発することなく対応出来るようにがんばって欲しいです。

 


では、今日の公開ペアにいきましょう。


[10/8 寄り仕掛け]

売 4151 協和キリン -3.18%
買 4041 日曹達  3.51%
利益率  0.33% 


今日は、またサヤ縮小して戻していますが、進歩がないですね。

サヤのトレンド縮小傾向が定着していません。

やや停滞感がありますが、昨日に比べて戻しているのは良かったです。

このままトレンド回帰を祈りつつ待ちましょう。

 

 

[10/14 後場寄り仕掛け]

売 5707 東邦鉛 -2.58%
買 6472 NTN -1.58%
利益率  -4.16% 


昨日から始めたペアですが、不調です・・・

NTNが、ゴールドマンのレーティング引き下げを受けています。

恐らく、これを受けただと思いますが、日経平均大幅高の中、NTNは下げています。

もともと、トレンドフォローのエントリーではないのですが、

サヤの天井圏にあるので、明日は反発してくれることを願います。

 


サヤ取りとは違いますが、リスクヘッジとして

売 6472 NTN
買 5714 DOWA

なんて組合せも良さそうです。NTNが期待できないので。

DOWAは、今日好決算を発表していますし、勢い的にはこっちのペアですね。

 

新しいペアを仕掛けたかったですが、イマヒトツいいのがありませんでした。

今日は追加ペアなしですが、また仕掛けていきたいと思っています。

 

今日も、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

また、あした~

 

【株ぅのサヤ取り 公開ペア2009年成績】

 利益率合計: 87.04%
  勝率: 57.35% (39勝 29敗)

 

※公開ペアの記載ついて、投資を推奨するものではありません

※公開ペアの銘柄選定については、サヤ取りくんを使って銘柄抽出しています
 銘柄選定は、メルマガ用に比較的短期で完結するものを中心に選んでいます

 

【サヤ取り関連書籍】

  http://sayadori.org/book.html

 

 

  

↓ポチッとクリックして、ランキングの応援お願いします
にほんブログ村 株ブログへ