中国での生活も3日目になります。

日々、忙しい日が続くため
あっという間に時間が過ぎて行ってしまいます。


それにしても、中国は物価が安いので
日本人が生活するには、非常に快適な場所です。

文化に慣れ親しんでしまえば
とても住みやすいなぁと、日々感じています。



----------------------------------------------------------------------
■ 2紙から取材を受けました!サヤ取り投資が紹介されています ■
  是非、お手にとってお読みくださいませ

  SPA!臨時増刊号(6月21日 発売中)
  BIG tomorrow 8月号(6月25日 発売中)
----------------------------------------------------------------------



■■ アメリカ市況の様子 ■■


今日もアメリカ市場が終わってしまっていますが
24日のアメリカ市場は、続伸して終わっています。

金融株を中心に買い戻しが積極的に進み
株価上昇に大きく寄与しています。

26日にバーナンキ議長の講演会を控え
動きが取りにくい様子がありましたが
金融株の上昇が支えてくれています。


ダウ平均の終値は、143ドル高の11,320ドルと
やや高くなって取引を終えています。




■■ 日本市況の様子 ■■


24日の日本市場は、前日アメリカが大幅続伸したものの
日本市場では軟調な展開になりました。

朝方は、やや買いが優勢だったものの
寄り付き前に発表された
ムーディーズにより日本国の格下げが発表され
ややネガティブなムードになりました。

また、引き続き円高が継続していることも
積極的に買いに行けない要因になっています。


日経平均株価の終値は、93円安の8,639円と
反落して取引を終えました。

9,000円が、少し遠い位置になってきたように見えます。




■■ 今日のピックアップ ■■


円高の傾向が収まる様子はありませんが
ドル円相場は、最高値に近い水準で推移していることもあり
ここのところは、やや様子見の動きが目立っています。

日本政府も、円高に対する対策を発表しました。

24日に野田財務相が記者会見を開き
1000億ドル(約7兆6000億円)規模の基金を創設し
企業M&Aや資源・エネルギーの確保や開発
中小企業の輸出支援などに活用すると発表しています。


単なる為替介入に対しては、海外からの批判があるため
企業支援を通じて、円売りを促進する狙いがあります。

基金の規模は大きめですが
為替介入に比べると、瞬発性のある対策ではなく
今日の市場では、あまり材料視されていません。


ジワジワ効果が出るといいですが
相場の反応からすると、効果がジワジワすぎて
はっきりとは分からないような感じです。




----------------------------------------------------------------------
■ 柿田文和著 「週30分ルーティン投資術」 アマゾン1位獲得! ■
当メルマガで紹介しているサヤ取り投資を、投資初心者向けに執筆しました。
3つの特典付きキャンペーンを実施中です。
 ==> http://sayadori.org/amazon/
----------------------------------------------------------------------


■■ 公開サヤ取りペア ■■


では、今日のサヤ取り 公開ペアです。


[8/11 寄り仕掛け]

保有銘柄        買値    現在値    損益率
売    3407    旭化成    508     485     4.53%
買    5802    住友電    1,015     960     -5.42%
    利益率    -0.89%            


今日もサヤは縮小してきています。
これで、2日連続でのサヤ縮小になります。

ようやく、良い感じが出てきたので
いよいよこれからというところではないかと思います。

なかなか、ぴったりのタイミングでの仕掛けは難しいですが
是非、ここからは期待通りに動いてもらいたいものです。




■■ 編集後記 ■■


中国に来てから、メルマガ執筆時間が朝方になってますが
まだ、生活のリズムが確立できていません。

仕事もある中で、なかなか時間の確保が厳しい〜

プライベートな旅行だったら、どうにでもなりますが
仕事だと時間の確保が大変です。


でも、公開ペアも新しいペアも入れて行きたいと思います。
ペアも減ってきてしまいましたね。


引き続き、がんばっていきましょう!




今日も、最後まで読んで頂きありがとうございました!!

また、明日〜


※サヤ取り 公開ペアの記載ついて、投資を推奨するものではありません

※サヤ取り 公開ペアの銘柄選定は、サヤ取りくんを使って銘柄抽出しています