早朝にマレーシアから戻ってきたばかりなので
時差ぼけはないですが、旅の疲れがちょっとあります。

日本に戻ってきて、たまっている作業もたくさんあるので
今週は、その辺りを色々と実施していきたいと思います。


帰国した間に、季節は衣替えになっています。
それでも、マレーシアよりは日本の方が涼しいです。

なんとなく不思議な感覚です。




■ 下落相場を生き抜くには?


最近の日本市場は、下がりっぱなしになっています。

世界的に下げているのは確かなのですが
それでも、日本だけの下落が突出している印象です。

世界経済の停滞に加えて、円高という要因が加わり
回復の余地が見えない形になっています。

右肩下がりの相場が続いていますが
こういうときに塩漬けが出来てしまったり
追い証が発生したり、手に負えなくなる状態になります。


投資で一時的に勝つことは難しくありません。
半分くらいは運の世界というのもあると思いますので
偶然儲かるということも、原理的にはありえます。

ただ、継続して勝つということは非常に難しい。


そして、継続できるかどうかのひとつのポイントは
株式投資の場合は、下落相場を乗り越えられるか?という点になります。

FXなどであれば、売りも買いもどちらからも入りますが
株式投資の場合は、信用取引を使わない人も多いので
買いでしか入らない人が多くいます。

相場が下げているときに、ポートフォリオが傷むというのは
個人投資家において良くある話です。


サヤ取りは、下落相場にも対応できるのが一つの魅力です。

一般の個人投資家が困る状況においても
通常通りの投資が続けられるのがサヤ取り投資の良さです。


投資で勝つことも大切ですが
相場において、ずっと生き延びると言うことも同じくらい大事です。

大きく儲けられる方法があったとしても
失うときは一瞬だったりしますから
相場で生き残ることの大切さが分かるのではないかと思います。


こんな状況だからこそ、サヤ取りを勉強してみませんか?

http://sayadori.org/




■■ 世界市況の様子 ■■


先週末の暴落から週が明けたアメリカ市場。

引き続き、欧州債務問題やアメリカ経済の先行き不透明感から
相場としては戻りが鈍い動きとなっています。
リバウンドを期待したいところでしたが
結局リスク重視の動きとなりました。

ダウ平均の終値は、17ドル安の12,101ドルと
さらに下落しての引けとなりました。

12,000ドルという水準が近づくにつれて
この辺りではさすがに反発しそうですが
一度は試しに行きそうな雰囲気です。


上場以来、フェイスブックの動きを見ていますが
まったく戻る感じがしないですね。

相場が下げているのもあると思いますが
どこまで下げるのだろう…と、見守っています。




■■ 日本市況の様子 ■■


5日の日本市場は、5日ぶりに反発しました。

今日の前場は、引き続き弱い地合が続いたものの
今晩、緊急のG7の中央銀行が電話協議をすることが伝わり
G7の協調金融緩和への期待が高まりました。

前回の欧州債務危機の時は
G7の協調金融緩和で雰囲気が良くなったところもあるので
今回も自然と期待感が高まります。


日経平均株価の終値は、86円高の8,382円と
戻りは鈍いものの、G7への期待感から上昇しました。

どんな内容が出てくるか分かりませんが
今晩のアメリカ市場やイブニングセッションあたり
ちょっと動きがあるかもしれません。


為替の方も、少し円安に振れた場面もありましたが
現時は、また為替も円高水準に戻っています。


最近注目されているのが原油相場です。
原油高が続いていましたが、経済の減退による原油需要の縮小から
このところ原油価格の下落が続いています。

まだ、原油価格は下落するだろうという見方も出ており
原油価格は是正されてくる動きが見えます。




■■ 今日のピックアップ ■■


オーストラリアの準備銀行が、政策金利を0.25%引き下げました。
こちらの材料をピックアップしたいと思います。

5日、オーストラリアの準備銀行は、3.75%だった政策金利を
0.25%の引き下げを行い、3.5%にすると発表しています。

今回の引き下げで、2回の会合で連続しての引き下げとなりますが
市場予想としては、今回も0.25%の下げは、ほぼ読み通りです。


為替市場は、政策金利の引き下げ発表と共に
一時オーストラリアドルが売られる展開となりましたが
ほぼ織り込み済みということもあって、すぐに戻しています。


オーストラリアドルは、世界の中でも比較的金利が高く
かつ経済的にも安定した国のひとつです。

銀行の外貨預金でも、オーストラリアドル(豪ドル)の
高金利の外貨預金をよく見かけるような気がします。
それだけ、金利が高くて魅力的な通貨だったと思います。


しかし、その動きにも陰りが見えてきており
金利引き下げの動きを強めてきています。

FXやっている方は、このあたりの情報は知っていると思いますが
各国の金融政策に精通しておくことも
投資家として必要な事だと思います。

豪ドル円は、金利政策が分かりやすいこともあって
綺麗なトレンドを描いていますので
リスクヘッジとしても、使えるかも知れませんね。




----------------------------------------------------------------------
■ 柿田文和著 「週30分ルーティン投資術」 アマゾン1位獲得! ■
当メルマガで紹介しているサヤ取り投資を、投資s初心者向けに執筆しました。
3つの特典付きキャンペーンを実施中です。
==> http://sayadori.org/amazon/
----------------------------------------------------------------------



■■ 公開サヤ取りペア ■■


[5/21 寄り仕掛け] 11営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 8002 丸紅 505 485 3.96%
買 6773 パイオニア 314 282 -10.19%
利益率 -6.23%


踏みとどまっていましたが、残念ながら5%を抜けてしまいました。
サヤが拡大したまま、戻ってくる気配も感じられないので
ここは損切りをしていきたいと思います。

この環境は、なかなか厳しいです。




[5/29 寄り仕掛け] 6営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 6770 アルプス 580 575 0.86%
買 5803 フジクラ 213 215 0.94%
利益率 1.80%


今日は、少しお休みという感じでしょうか。
昨日より、少しサヤ拡大しています。

サヤの動きとしては、継続して縮小方向ですが
流れが継続してくれることを期待しています。




[6/5 寄り仕掛け] 1営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 2914 JT 426,500 424,500 0.47%
買 9008 京王 539 545 1.11%
利益率 1.58%


今日からの新規ペアです。

今回も、サヤが縮小傾向の動きが見られるペアから
ピックアップさせていただきました。

しばらくは、この手のパターンから行きたいと思います。

天井からはかなり過ぎているところでの仕掛けですが
サヤの勢いに乗るという作戦で考えて
うまく流れに乗っていきたいです。




■■ 編集後記 ■■


相場は厳しい環境ではありますが
今日からサヤ取り公開ペアは、1ペア追加しました。

この手のパターンで、明日も追加できればと思ってますが
G7で大きな話が出るとやりにくいので
明日は見送りとなるかもしれません。


株価はかなり下げていますが
長期投資で見ている人には、ある意味買い時なので
しっかりと資金を蓄えておいて、狙っていきたいですね。



今日も、最後まで読んで頂きありがとうございました!!

では、また明日〜


※サヤ取り 公開ペアの記載ついて、投資を推奨するものではありません

※サヤ取り 公開ペアの銘柄選定は、サヤ取りくんを使って銘柄抽出しています