今日、引っ越し作業が終わりました。

家の荷物は全て運び出されて、すっかり綺麗になりました。

まだ、後片付けが残っていますが
何とか山は越えた感じです。

日本からマレーシアへの出国は
17日(金)の夜なので
17日のメルマガを書いてから、マレーシアです。


ちょうど10年くらい、今の家に住みましたが
思い出のたくさん詰まった家ですので
ちょっと名残惜しい感じもします。

次の10年を作って行くためにも
新しいステップをがんばりたいと思います。




■ 長期投資に潜むリスク


オリンピックが終わって
徐々に、現実の世界に戻りつつあります。

オリンピックは世界の祭典ですので
開催地は経済的な特需として
一気に盛りあがります。

日本も東京がオリンピックの誘致に積極的ですが
これも経済効果を狙ってのことであり
オリンピックがもたらす経済効果は
国や自治体にとって、大きな効果があります。


オリンピック開催地のイギリスも
これからは厳しい経済状況が待ち構えています。

欧州圏ではありますが
ユーロ圏には入っておらず
通貨としてポンドを使っていますが
ポンドも長期的に下落を続けています。

日本ほどではありませんが
債務残高も増える一方になっており
ギリシャのような緊縮財政が求められます。


どの国も財政的に厳しい状況になっており
個人的には、先進国の方が厳しい状況にあると思います。

GDPの伸びしろが限られている中で
債務を削減していくことは困難が予想されますし
何より債務の絶対額が大きいですので
第三国からの金融支援も難しい場合が多いです。

日本も対岸の火事ではありませんが
大きなイベントが終わって
しばらくは財政緊縮というムードになっていくと思います。


個人で長期の海外投資を考えるのであれば
国の力がどのくらいあるのか?というのは
とても大事な要素になります。

例え、今は安定した利回りが確保できたとしても
いざギリシャのような事態になってしまえば
一気に価格は暴落してしまいますので
今までの上昇分も帳消しになってしまいます。

今の経済は、長期でポジションを持つほど
リスクが顕在化する可能性が高いので
投資する国の選別はしっかりと行うべきです。


投資信託を買う場合でも
どの国に対して投資されているのかを
しっかりと目論見書を見て確認し
自分の意図とあった投資先になっているかを確認するのが
投資家の目として必要ではないかと思います。




■■ 世界市況の様子 ■■


14日のアメリカ市場ですが
よぼ横ばいの展開となっています。

ダウ平均の終値は、2ドル高の13,172ドルと、ほぼ変わらず。

ただ、これまでの上昇ペースから考えても
特に息切れしているような感じではなく
良い調整になっているのではないかと思います。

今年の相場は本当に特殊で
こうした足踏みの動きを挟んで
さらに上昇していくような動きが見られ
一方的な相場形成が多いです。

ここから、さらに一段高があるのでしょうか?!


ホーム・デポが、通期の見通しを上方修正しており
住宅関連の上昇を牽引する形となりました。

グルーポンは、四半期決算の予想を下回っており
株価が27%も下落と、大きくなっています。

アメリカ市場は、ストップ安というのがありませんので
下げるときは、どこまでも下げていきます。


為替相場は、気持ち円安に動いているでしょうか。

このところ、あまり為替相場は大きな動きはありません。
とはいっても、円高で停滞したままなので
日本市場にとっては厳しい状態での停滞です。




■■ 日本市況の様子 ■■


お盆休み中の日本市場です。

今日は、帰省ラッシュが始まっているようですので
田舎から戻られる人も多いのではないかと思います。

15日の日本市場は、あまり大きな動きはなく
日経平均株価の終値は、4円安の8,925円と
ほんの少しの反落となっています。

寄り後は、やや円安に振れて為替もあって
日経平均株価は上昇ペースとなりましたが
その後は先物を中心に売りが広がりました。


市場で目を引いたのは、シャープです。
厳しい経営状況が続いていますが
今日は、さらに売り込まれる事態となり
株価は12%安と大きく下落し、年初来安値更新となっています。

ドイツ証券が、目標株価110円としたことが
売りの大きなきっかけになっているようです。


今日の売買代金は、約8500億円と
夏休みもあって、市場参加者が限られているようです。




■■ 今日のピックアップ ■■


毎日、いろんな経済関連のニュースを見ていますが
昨日のYahooのヘッドライン掲載から
なかなか消えていかない記事をピックアップします。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120814-00000045-reut-bus_all


タイトルは
「日銀の国債保有残高が銀行券上回る、基金含め約81兆円に」
という記事です。

この記事を見ている人が多いということで
感心が高い記事なのではないかと思います。


日銀が発行している紙幣の残高は約80兆円です。
私達が普通に手にしているお金の流通額が80兆円です。

一方で、日銀が保有する、長期国債の残高が80兆円を超え

紙幣の残高 > 国債保有残高

になったというのがこの記事です。


日銀が国債を保有するというのは、ある意味最後の手段です。

紙幣を発行できる権限を持つ日本銀行が
国債を買い入れができてしまうと

日銀がどんどん紙幣を刷って、それで国債買ってもらえばいいじゃん

ということで、無限に国債が発行できる仕組みができてしまいます。


そのため、日銀の自主ルールとして

紙幣の残高 < 国債保有残高

となるようにコントロールしているということですが
この自主ルールに抵触する時も近いと言うことを意味しています。


日本は世界一の債務残高比率となっていますが
あの手、この手で、国債の買い手を探して対応していましたが
そのやり方が通用するのも、限界が近づいてきているようです。

まだ、しばらくの間は
色々な手段や見せ方で対応できると思いますが
国際社会から、やり方が信任されなくなると
一気にギリシャのような事態になりかねません。


今は、日本の長期金利は低い水準を保っていますが
金利が上昇するような傾向が見られてきたら
ちょっと危ないサインと思った方がいいと思います。


日本人は、お金に対して無頓着な人が多いですが
生活にも直結する話ですので、タイムリーに情報は仕入れていきましょう。




----------------------------------------------------------------------
■ 柿田文和著 「週30分ルーティン投資術」 アマゾン1位獲得! ■
当メルマガで紹介しているサヤ取り投資を、投資初心者向けに執筆しました。
3つの特典付きキャンペーンを実施中です。
==> http://sayadori.org/amazon/
----------------------------------------------------------------------



■■ 公開サヤ取りペア ■■


[8/7 寄り仕掛け] 7営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 8253 クレセゾン 1,811 1,846 -1.93%
買 9001 東武 416 426 2.40%
利益率 0.47%


今日は、サヤがプラスに復帰しています。

サヤの動きとしては、良いパターン通りで
良いトレンドが見えてきているのではないかと思います。

いよいよ、ここからが期待できるところですね!!




[8/8 寄り仕掛け] 6営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 7269 スズキ 1,495 1,507 -0.80%
買 7012 川重 174 175 0.57%
利益率 -0.23%


今日は特にサヤの動きは見られませんでした。

サヤ縮小というよりは、天井圏での横ばいの動きで
トレンドが見えて来ませんが、動きが出てくるでしょうかね?

待つしかないので、見守っていきたいと思います。




[8/10 寄り仕掛け] 4営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 4208 宇部興 187 181 3.21%
買 5713 住友鉱 838 841 0.36%
利益率 3.57%


今日は、一気にサヤが縮小してきました!!

これまで停滞の動きが続いていましたが
一気に良い感じのトレンドに変わってきています。

明日は、少しリバウンドがあるかもしれませんが
この調子で、トレンドを形成していってもらいたいです。




[8/14 寄り仕掛け] 2営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 8804 東建物 295 274 7.12%
買 8306 三菱UFJ 369 359 -2.71%
利益率 4.41%


昨日からの新規ペアになります。
こちらも、一気にサヤが縮小してきました!!

もともと、レンジが狭いペアになりますが
ここまで一気に縮小するとは思っていませんでした。

あと少しで利益確定なので、このまま行って欲しいです!!




■■ 編集後記 ■■


サヤ取り公開ペアは、順調な動きです。

本当に、ここ最近の巻き返しがすごくて
この2ヶ月間で、かなりの貯金を作ってくれている感じです。

新しいサヤ取りくんの効果も出ているようですので
ツールとしての改善効果も出ているように思います。


この調子で、暑い夏も
しっかりとサヤ取りで稼いでいきたいと思います。


夏ばてしないように、引き続きがんばっていきましょう!!



今日も、最後まで読んで頂きありがとうございました!!

では、またあした〜


※サヤ取り公開ペアの銘柄選定は、サヤ取りツール
「サヤ取りくん」を使って銘柄抽出を楽々行っています。

※サヤ取り公開ペアの記載ついて、投資を推奨するものではありません