良く分からないのですが、今日もマレーシアは祝日のようで
郵便局など、いろんなところがお休みなので予定が狂いました。

ネットで調べても、今日が祝日という情報はなく
いつが祝日なのか良く分かっていません。


マレーシアの道路網は、ものすごく整備されていて
レンタカーで移動しはじめたのですが
毎回迷子になってしまいます。

それに、激しいスコールにみまわれて
冠水した道路が通れなくなるくらいで
かなり大変な思いをしました。

お陰で、メルマガの書き始めの時間が遅くなりましたが
異国の地で生活するというのは、色々ありますね。




■ 売買手数料と投資金額の関係


株やFXなどのトレードの世界では
難しい事を考えずに取引したときに
半分は勝って、半分は負けるくらいの結果になります。

個人投資家の場合は、1回の売買あたりに
取引の手数料がかかってきますので
トレードそのものでは、トントンだったとしても
手数料負けしてしまうことになります。


だからこそ、取引手数料はできるだけ安いところで
取引コストを抑えることを考える必要があります。

FXなどでは、スプレッドという形で手数料が取られていますが
取引を始めた時点で

「少しの負けからスタートする」

という事を忘れては行けません。

少なくとも手数料分くらいはプラスにならないと
トータルで儲からない構図になっています。


手数料の安い証券会社を使うのはもちろんですが
投資額を大きくすることによって
手数料による負け分の比率を下げることができます。

SBI証券のスタンダードプランの場合ですが
手数料の比率を計算すると、以下の通りとなります。

投資額 50万円 - 0.0716%
投資額 100万円 - 0.0639%
投資額 500万円 - 0.02418%
投資額 1000万円 - 0.01209%


この計算結果をみて分かるように
投資額が大きい程、手数料が誤算の範囲になっていきます。


投資で利益をあげるためには
投資額が大きい方が、断然有利になります。

それは、手数料という点で考えてみても
投資に無駄が少なく、利益に回しやすい構図です。


特に、サヤ取りの場合はペアで取引するので
手数料の占める割合も
通常の取引よりも2倍かかることになります。

投資に慣れてきたら
ある程度資金を入れてやったほうが
投資効率は上がることになります。




■■ 世界市況の様子 ■■


20日のアメリカ市場は
相場の動きは、少し一服という形になりました。

ダウ平均の終値は、3ドル安の13,271ドルと
小さな動きにとどまっています。

これまで、上昇のペースが速かったので
少し相場もお休みという感じですが
あく抜き感があって、さらに上昇のエネルギーを貯めそうです。

ECBの国債買い入れに関する発言が色々出ていますが
確実な情報は出回っておらず
憶測だけで動いている相場になっています。

随分と時間が経ちますが
いつになったら、ECBも決断して動きに出るのでしょうか。


昨日と同じく、個別銘柄の動きとしては
アップルが上場来高値を更新する一方で
フェイスブックが、上場来安値更新と
まったく対極的な動きになっています。


為替相場は、ドル円、ユーロ円ともに落ち着いています。




■■ 日本市況の様子 ■■


21日の日本市場は、4日ぶりに小反落となりました。

アメリカ市場が、ほとんど動きがなかったのと
為替相場にも動きがなかったことで
基本的には手がかりがない状態のところで

これまでの上昇相場からの利益確定が
やや先行する形での取引となりました。

日経平均株価の終値は、14円安の9,156円で
1日の動きも、50円くらいのレンジで収まっています。


個別銘柄もあまり手がかりがないものが多く
そんな中で、シャープが売買代金トップとなっており
話題の多くをさらっています。

東証1部銘柄でも、この動きは激しすぎます。




■■ 今日のピックアップ ■■


今日は、エルピーダメモリが、会社更生計画案を提出しましたので
その内容をピックアップしたいと思います。

エルピーダメモリは、アメリカのマイクロン・テクノロジーの子会社として
新たな道を歩む再建案を提出しました。

マイクロンが、エルピーダメモリを600億円で100%株式取得し
2013年の前半までに完全子会社化します。

エルピーダメモリは、マイクロンからの受注を受ける形で半導体生産を行い
約1400億円分の製造を、約7年間でマイクロンから委託を受けます。

エルピーダにとっては、分かっている受注を受けることで
債権者に対しての弁済を進める計画です。


株式譲渡と、半導体受注で約2000億円を手に入れますが
負債総額の4,480億円には、まだ不足しており
全ての弁済は難しいですが、かなりの弁済率になっています。


債権者の一部は、買収金額の600億円が安すぎるとして反発しており
会社更正案の見直しが入る可能性もあります。
ただ、マイクロンとの提携以外は、再建案は難しいでしょうね。


半導体業界は、時代の変化が激しいために競争が厳しいく
韓国サムソンに対抗する集団を作って
製造コストを下げることが生き残りに必要です。

マイクロンの戦略は、エルピーダと統合することで
DRAM製造でサムソンに第2位に躍り出ることになりますが
計画通りにシェアを維持できるかどうかも
エルピーダの再建に関係してきそうです。




----------------------------------------------------------------------
■ 柿田文和著 「週30分ルーティン投資術」 アマゾン1位獲得! ■
当メルマガで紹介しているサヤ取り投資を、投資初心者向けに執筆しました。
3つの特典付きキャンペーンを実施中です。
==> http://sayadori.org/amazon/
----------------------------------------------------------------------



■■ 公開サヤ取りペア ■■


[8/7 寄り仕掛け] 11営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 8253 クレセゾン 1,811 1,859 -2.65%
買 9001 東武 416 430 3.37%
利益率 0.71%


今日もほとんど動きがありません。
11日目にして、これほど動きがないとは。

チャートは、決して悪い状態ではないので
もう少し、このまま辛抱してみます。




[8/8 寄り仕掛け] 9営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 7269 スズキ 1,495 1,563 -4.55%
買 7012 川重 174 185 6.32%
利益率 1.77%


今日は、少しサヤ拡大しています。

とはいっても、ずっとプラス圏で維持してくれていて
安心して見てはいられるのですが
縮小の勢いが、なかなか見えて来ません。




[8/14 寄り仕掛け] 6営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 8804 東建物 295 286 3.05%
買 8306 三菱UFJ 369 372 0.81%
利益率 3.86%


今日もサヤ縮小しています。順調に利益を伸ばしています。

利益確定まで、あと少しというところですが
あと、ひと伸びができるかどうか
がんばってもらいたいです。




[8/21 寄り仕掛け] 1営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 6841 横河電 912 922 -1.10%
買 9007 小田急 827 830 0.36%
利益率 -0.73%


今日からの新規ペアになります。
移動平均2σ超え+期間サヤ2σ超えのペアです。

かなり急激な動きをしていますが
そろそろ天井だろうと思って仕掛けています。

横河電機が、寄り付きが悪くて、損益マイナススタートですが
全体でサヤが戻ってくれることを期待したいと思います。




■■ 編集後記 ■■


サヤ取り公開ペアは、今日は1ペア追加しました。

ここのところ、良い流れが続いていますので
今のペースを維持してくれたらいいと思っています。


今日は、家のプールサイドでメルマガ執筆してますが
なかなか優雅な気分で、記事の進みも早い気がします。

まだ、旅行気分のままなので
あまり仕事モードになっていないのですが
楽しみながら、仕事も進めたいと思います。



今日も、最後まで読んで頂きありがとうございました!!

では、またあした〜


※サヤ取り公開ペアの銘柄選定は、サヤ取りツール
「サヤ取りくん」を使って銘柄抽出を楽々行っています。

※サヤ取り公開ペアの記載ついて、投資を推奨するものではありません