今日は、午前中は家で仕事をして
午後から、また近くを散策に出掛けました。

マレーシアでは、たくさんのショッピングモールがあって
とにかくたくさんのお店が集まっています。

日本で例えれば、ららぽーと級のショッピングモールで
ひとつのモールの中に、本当にたくさんのお店があります。


日本のお店もたくさんあるのですが
「ベスト電器」と「和民」を今日は見つけました。

つい、日本のお店を見つけると、嬉しくなってしまいます。




■ 国内投資と海外投資 戦略の違い


まだ、マレーシアに来てからは
投資らしいことは、まだ何もできていないのですが

今日のコラムは、日本国内と海外の投資戦略について
私なりの考えを書いておきたいと思います。


日本国内は、今の経済状態を考えると
長期的な株価の上昇は期待しずらいです。

日本国債残高の増加、貿易収支の悪化、人口減、政治不安など
悪材料には事欠かない感じですが
経済が順調に上昇する絵が描けない以上は
株価が長期上昇するのは期待できないと思います。


日本株で、長期上昇を期待するのであれば
企業業績や今後の施策などを見ながら
投資先の企業を選別した上で、投資していくことになると思います。

一昔のように、どの株で勝っておけば良い
という状況では、なくなってきているのは明かです。


株価の上昇が期待できない市場においては
サヤ取りのような手法は、有効に作用します。

特に、上がりも下がりもしないような相場では
サヤ取りのようなレンジ相場に適した手法や
オプション売りなどの手法が
効果を発揮できる市場ではないかと思います。

日本国内を対象にするのであれば、サヤ取りは断然お勧めです。



一方で、長期投資で臨むのであれば
断然、海外市場の投資をお勧めします。

海外と言っても広いですが
個人的には、やはりアジアが熱いです。


なぜアジアかと言えば、日本から近いこともあって
比較的状況が把握しやすいことが挙げられます。

アフリカや南米などは、日本からも距離があって
入ってくる情報も比較的少ないです。


アジア市場は、今後も大きな成長が見込めるところで
欧州債務危機など、世界的な経済懸念はありますが
それでも、まだまだ経済成長の余地がある地域です。


海外の証券口座を開設できて
直接、海外の市場に投資できるのが一番良いですが

最近は、日本の証券会社でも
海外の株を売買できるところが増えているので
ちょっと手数料は高いですけども
長期投資として考えるのであれば、ありだと思います。


または、海外を組み込んでいる
投資信託なども良いのではないかと思います。



日本国内、海外市場のどちらを狙うかによって
当然、投資戦略というのも違ってきます。

自分の投資スタンスにあった投資法を選択し
資産の目的に合わせたポートフォリオを確立していきましょう。




■■ 世界市況の様子 ■■


22日のアメリカ市場は、やや下げて引けています。

ダウ平均の終値は、30ドル安の13,172ドルと
わずかではありますが、下落しています。

FOMCの議事録が公開され、アメリカ経済が大きく改善しない限り
早期に追加金融緩和を行う可能性が高いことが明かになり
一時は80ドルくらいの下落になりましたが
かなり戻しての引けとなっています。

引き続き、アメリカの追加緩和の期待が高まりますが
経済指標をどう判断するかで変わってきますので
バーナンキ議長の判断が注目されそうです。


為替相場は、ドル円で円高に推移しています。
追加金融緩和の可能性が高まったことを受けて
ドル売りが先行する形となりました。

噂ばかりが先行して、実態の施策が出てきませんが
期待感はさらに高まってきていると思います。




■■ 日本市況の様子 ■■


23日の日本市場は、反発して引けています。

FOMCの議事録公開で、金融緩和が近づいたことを印象づけ
ドル円が1円くらい円高に振れたため
寄り付き後は軟調な展開となりました。

しかし、売り一巡後は買いの動きが強くなり
プラス圏での引けとなっています。

日経平均株価の終値は、46円高の9,178円と
内需株を中心に買いが広がりました。


当面は大きなイベントがなく
8月末にバーナンキ議長の講演があるため
それまでは何も材料がありません。

売買代金も連日1兆円を下回っており
反発したとは言え、力強さには欠けています。


このところ話題にあがりやすいシャープは
2000億円の支援融資を要請していることが伝わり
株価は続伸して引けています。

出来高は、シャープが第1位となっており
いかに市場の材料が少なく、関心が集まっているか分かります。




■■ 今日のピックアップ ■■


今日は、東証と大証のTOBが成立したニュースが出ていましたので
こちらをピックアップしたいと思います。

このメルマガでも、何度もお伝えしてはいましたが
東証が、大証の66.67%の株式を取得することが決まりました。

これで、大証は東証の子会社になることになり
今後は「日本取引所グループ」という持ち株会社を作る予定です。


「日本取引所グループ」
なんか、名前はダサくないですかねぇ…

海外向けには、もうちょっとまともな名前になると信じてますが
海外投資家向けに、日本市場をアピールできる名前がいいですが。


名前はさておき、今回の統合によって
世界で3番目に大きな取引所が誕生することになります。

経営統合そのものは、最初のステップにすぎず
世界の証券取引所の中で、日本の存在感を示して
これから成長できるかどうかが鍵になります。


既存企業は、さらに成長できるように後押しし
新興市場も育成して、新たに時価総額を引き上げる企業を作り
日本市場が大きくなるようにしてもらいたいです。




----------------------------------------------------------------------
■ 柿田文和著 「週30分ルーティン投資術」 アマゾン1位獲得! ■
当メルマガで紹介しているサヤ取り投資を、投資初心者向けに執筆しました。
3つの特典付きキャンペーンを実施中です。
==> http://sayadori.org/amazon/
----------------------------------------------------------------------



■■ 公開サヤ取りペア ■■


[8/7 寄り仕掛け] 13営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 8253 クレセゾン 1,811 1,850 -2.15%
買 9001 東武 416 436 4.81%
利益率 2.65%


今日は、少しサヤ拡大しています。
昨日は良い感じにサヤが縮小したので、小休止でしょうか。

残り日数も少なくなってきたので
何とか5%まで、がんばってもらいたいのですが。




[8/8 寄り仕掛け] 11営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 7269 スズキ 1,495 1,545 -3.34%
買 7012 川重 174 180 3.45%
利益率 0.10%


今日は、サヤ拡大しています。
0%付近まで、戻ってしまっています。

このペアについては、あまり動きがないですね。
読み通りの動きには、なってくれていな感じです。

あと数日の様子見です。




[8/14 寄り仕掛け ==> 8/23 寄り決済]

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 8804 東建物 295 282 4.41%
買 8306 三菱UFJ 369 371 0.54%
利益率 4.95%


今日の寄りつきにて、利益確定しました。

5%は、ちょっと下回ってしまいましたが
無事に利益確定できて満足です。

結構、短期間で確定出来たので、良かったです。




[8/21 寄り仕掛け] 3営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 6841 横河電 912 922 -1.10%
買 9007 小田急 827 838 1.33%
利益率 0.23%


今日は、少しサヤ拡大しています。
昨日大きく動いてくれたので、今日は少し反動です。

まだ、チャート的には油断できないですが
綺麗に言ってくれるのではないかと期待しています。

がんばってもらいましょう!!




■■ 編集後記 ■■


サヤ取り公開ペアは、今日も1ペア確定しました。

1ポジション空きができましたので
明日、新しく入れて行きたいと思います。


明日は、金曜日になりますが
今週の相場も、あと1日がんばっていきましょう。


今日も、最後まで読んで頂きありがとうございました!!

では、また明日


※サヤ取り公開ペアの銘柄選定は、サヤ取りツール
「サヤ取りくん」を使って銘柄抽出を楽々行っています。

※サヤ取り公開ペアの記載ついて、投資を推奨するものではありません