今日もマレーシア不動産視察ツアーでした。
銀行手続関連がメインだったので、不動産は少しでしたが。

日本のように、色々手続きが整備されていないので
人によって対応が違ったりするのは
日常茶飯事だったりします。

日本人にはイライラしてしまうポイントでもありますが
人によっては融通が利くところもあって
うまく使い分けていくのが、マレーシアで生き残るコツです。


明日12日から1週間ほど日本に帰国します。

今回は、沖縄での仕事がメインなので
残念ながらセミナーをやっている時間が取れないのですが
セミナーとかも、早く日本でやりたいです。




■ 格付けを重視する時代


スタンド&プアーズ(S&P)
ムーディーズ
フィッチレーティングス

これらの会社は、格付けを行っている主要な会社です。


格付け会社は、企業の財務状態を分析したり
今後の業界分析などを行ったりして
企業や政府の信頼性を一定の尺度(レーティング)で表すようにしています。


レーティングの付け方ですが
会社によって少し表現の仕方は違ったりしますが

AAA - 最高位
AA
A - 投資適格程度
BBB - 中程度のリスク
BB - 投機的要素あり
B - 信用力に問題あり

こんな感じでレーティングが表されています。


あとは、AA+ とか AA- とかで
同じランクでも、プラスとマイナスでランク分けしており
かなり細かい分類がされています。


最近は、企業の格付けもそうですが
国債の格付けが注目度を浴びるようになっています。

日本国債のレーティングや、スペインのレーティングなど
ある意味、国の信用度を決めるということを
特定の民間の格付け会社が決めています。


結構、後付けでレーティングされることが多いので
妥当性そのものについては個人的に疑問視していますが

それでも、市場は格付けを過大評価する傾向があります。


国の信用を揺るがす事が多い今の時代
格付け情報には、注意して見ていく必要があります。

大きな変化は、メルマガでもお伝えしていこうと思いますが
自分でもチェックする習慣があるといいですね。




■■ 世界市況の様子 ■■


11日のアメリカ市場は
FOMCの開催を前にして、売りが先行しました。

ダウ平均の終値は、52ドル安の13,254ドルと
ややマイナスとなっています。

FOMCは、12日〜13日にかけて予定されていますが
発表になるのは13日の後ということなので
日本市場に反映されてくるのは14日の金曜日ですね。


この日、インテルの目標株価が下げられ
ハイテク関連が全般的に弱くなっています。

12日には、ドイツ憲法裁判所が
欧州安定メカニズム(ESM)と新財政協定について
合憲かどうかの判断が下されます。

ユーロ主要国であるドイツで違憲判断が出ると
債務買い取りにも暗雲が立ちこめる可能性があります。
裁判所が、世界経済の行方を握っているような感じで
なんとも不思議な感じがします。


為替相場は、それほど大きな動きはありませんが
一時100円台を回復していたユーロ円が
再び99円台になってきています。




■■ 日本市況の様子 ■■


日本市場も様子見ムードが続いています。
アメリカ同様に、今日はやや弱含みの展開です。

日経平均株価の終値は、61円安の8,807円と
一時は、8,800円割れもありました。

日銀によるETFの買い支えがあったようで
買い支えで、少しは値を保った感じでしょうか。

JALの換金売りという声も聞かれています。


今週末にイベントが集まっていますが
日本にとっては円高要因もあって
どういう結果になっても、プラスに働きにくいという雰囲気です。

今週の金曜日は、9月限月のSQを迎えますが
イベントの日と重なっているので
波乱含みのSQ日となりそうな気がします。




■■ 今日のピックアップ ■■


今日のコラムで、格付けの事を書きましたので
パナソニックのレーティングについて、ピックアップしたいと思います。

格付け会社のムーディーズは、
パナソニックのレーティングをA2からBaa1へと
2段階の引き下げを行いました。

家電などのパナソニックが得意とする分野は
韓国勢の猛烈な進出などもあって
競争が激しいジャンルになっています。

当然、価格競争も国際的に進んでいくわけで
パナソニックの収益性が低下していることに対して
長期的な見通しを引き下げた形になります。


シャープが厳しい状態になっているのは
ご存じの通りかと思いますが
日本発の家電メーカーであるパナソニックが
2段階のレーティング引き下げられたことについて
ちょっと心配になってしまいます。

シャープの件もあるので
日本メーカーには、本当にがんばってもらいたいです。




----------------------------------------------------------------------
■ 柿田文和著 「週30分ルーティン投資術」 アマゾン1位獲得! ■
当メルマガで紹介しているサヤ取り投資を、投資初心者向けに執筆しました。
3つの特典付きキャンペーンを実施中です。
==> http://sayadori.org/amazon/
----------------------------------------------------------------------



■■ 公開サヤ取りペア ■■


[8/21 寄り仕掛け ==> 9/11 寄り決済]

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 6841 横河電 912 908 0.44%
買 9007 小田急 827 815 -1.45%
利益率 -1.01%


ほぼ昨日と変わらずで決済しました。
少しのマイナス幅なので、ほぼ動きナシと捉えています。

これからが取れそうな感じもしますが
過度な期待は禁物なので、次に向けていきたいと思います。




[8/29 寄り仕掛け] 9営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 8304 あおぞら銀 239 241 -0.84%
買 4041 日曹達 350 344 -1.71%
利益率 -2.55%


昨日よりは戻してきましたが低空飛行を続けています。

潮目が変わる時がくるのかどうか。




[9/11 寄り仕掛け] 1営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 3407 旭化成 403 398 1.24%
買 6773 パイオニア 242 243 0.41%
利益率 1.65%


今日から、2つの新ペアを入れて行きます。
こちらのペアは、サヤ縮小トレンドにのっかったペアです。

サヤの動きが、一方向に流れているので
順張りで乗って、流れに任せたいと思います。




[9/11 寄り仕掛け] 1営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 8815 東急不 387 385 0.52%
買 7205 日野自 534 531 -0.56%
利益率 -0.05%


こちらは、サヤが周期的に動いている新ペアです。
サヤのレンジが狭いのですが、その分確率が高いと思われます。

今日のところは、あまり動きはありませんでしたが
ここから、サヤが開く確率も低いのではないかな。




■■ 編集後記 ■■


サヤ取り公開ペアは、今日から新ペアを2つ入れました。
少しパターンの違うものを2つにしたので参考にしてください。

あと、1ペア空きポジションが出ていますので
もうひとつ入れて行きたいと思っています。
明日は、まだ仕掛けには間に合う日かな。


明日は、お昼くらいのフライトで
マレーシアから日本への移動になるので
メルマガの発行は深夜になってしまうかもしれません。

発行時間が昔の時間帯に戻った?感じになるかもしれませんが
楽しみにお待ちいただければと思います。



今日も、最後まで読んで頂きありがとうございました!!

では、また明日〜


※サヤ取り公開ペアの銘柄選定は、サヤ取りツール
「サヤ取りくん」を使って銘柄抽出を楽々行っています。

※サヤ取り公開ペアの記載ついて、投資を推奨するものではありません