今日はマレーシアのオフィス探しをしてきました。
ようやく、気に入ったところが見つかって契約までできました。

土地勘がないと、何がいいのか悪いのか分からなかったのですが
家からも近くて便利なところを見つけることができたので
今のところは満足しています。

それよりも、マレーシアに根ざしたビジネスをする方が大事なので
形よりもこれからが大事なところですが
楽しくやっていきたいと思っています。




■ 株式投資のルール その3


シリーズ的に、株式投資のルールをお話してきました。

まずは大きな世界観を理解することが大事ですが
じゃあ、実際に儲かるためのルールとは?
というところに触れていきたいと思います。

株式投資は、基本は五分五分の勝負です。

半分勝って、半分は負けても、普通の世界です。
これを理解すれば、勝つためのルールは自ずと分かります。


セミナーでもいつもお話していますが

「50%以上の確率で勝てる方法を実践する」

これが、株式投資で勝つためのゲームルールです。


基本は、確率50%くらいの世界の話ですから
8割、9割も勝とうなんて思う方が間違っています。

単純に勝ち負けだけ考えるのであれば
50%以上の確率で勝てば、少なくとも損しないはずです。

じゃあ、50%以上で勝てるルールとは何か?
という話になると思いますが
こんなのは無限に方法が存在します。

もともと半分の確率の世界での話ですから
少しでも有利な方法であれば、要は何でも良いわけです。


何でも良いといっても、ただ何となくやっているのと
50%以上の確率が期待されるのが分かっているのとでは
全然結果が違ってきてしまいます。

きちんと、50%以上の確率で勝てる事を証明できる必要があります。


株式投資では様々なテクニカル指標があります。

こういったテクニカル指標は
優位性を示すには分かりやすい指標のひとつです。


サヤ取り投資の場合は
主にボリンジャーバンドの考え(正規分布)を用いた
確率論で成り立っています。

統計学的に、50%以上の確率で勝てる事を示し
それに従ってトレードする手法です。

サヤ取り投資は、ひとつのゲームに勝つためのルールです。


あなたは、どんなルールで投資をしていますか?

もし、あなたが、勝てるゲームルールに従ってないとしたら・・・

サヤ取り投資などの優位性のある方法を見つけた方がいいと思いますよ。




■■ 世界市況の様子 ■■


22日のアメリカ市場は、小幅な動きでした。

ダウ平均の終値は、2ドル高の13,345ドルと
ほぼ変わらずの動きとなりました。

前日大きく下落したアメリカ市場ですが
キャタピラーなどが良い決算を発表しており
市場の下支えとなりました。

このところ、ハイテク関連の売りが多かったですが
22日はアップル株が買い戻されており
市場のムードも、やや歯止めが掛かった感じです。

アップルの決算発表が25日に予定されており
これまでハイテク関連は軟調な決算でしたが
どんな数字が出てくるのか楽しみです。




■■ 日本市況の様子 ■■


日本市場は、今日も底堅い動きを示しています。

日経平均株価の終値は、3円高の9,014円と
9,000円台を維持しての引けとなりました。

相場の牽引役となったのが為替の動きです。
今月末の金融政策決定会合に対する追加緩和の期待から
円安に為替が動いてきています。

ただ、一時は利益確定売りも見られて
結局は、前日比変わらずくらいで引けています。


今朝の報道で、政府が日銀に対して
20兆円規模の金融緩和を依頼したと伝わっており
やや規模の大きい金融緩和になるかどうかがポイントになりそうです。

徐々に、相場も金融緩和の材料を織り込みつつありますが
為替市場は円安に引っ張られる方向ですので
相場全体としては、底堅い動きになっていきそうです。


関西電力が無配に転落するとの報道があり
関連株の値下がりが、今日は目立ちました。

電力株で安定した配当がないというのは
一昔前では信じられないような感じですけども
かなり日本の電力事情の苦しさを伺わせる内容です。




■■ 今日のピックアップ ■■


今日23日の夜に、アップルが小型版のiPadを発表すると見られています。
iPhone 5の発表の時のように、ちょっとした盛り上がりを見せています。

ライバルである、グーグルやキンドルなども
小型のタブレット端末を出してきており
これらとの競争が、どこまで優位に展開できるのか
主に価格面での注目が集まっています。

アップルのさらなる成長にも関わってくるので
内容には注目しておきたいと思っています。


一方で、26日にはマイクロソフトがWindows 8を発売しますが
こちらはあまり盛り上がりを見せていません。

私自身もよく内容が分かってない感じですが
タブレット端末向けのOSとして生まれ変わったようですが
特に企業には必要性が感じられずに、見送りモードです。

どこまで、個人ユーザーに受け入れられるかだと思います。


最近のIT関連のトレンドとしては
端末のハードウェアと、その上で動くソフトウェア(OS)が
セットで話がされるようになってきています。

OSだけで話をするのは、古い感じになってきており
既にWindows 7では出来上がった感じもあるので
ニーズを開拓するのは、かなり難しいのではないかと思われます。


ハイテク関連は、時代の流れが激しいところですが
消費者の期待に沿ったものが提供できるかどうか
生き残りを賭けた時代の変化が訪れています。




----------------------------------------------------------------------
■ 柿田文和著 「週30分ルーティン投資術」 アマゾン1位獲得! ■
当メルマガで紹介しているサヤ取り投資を、投資初心者向けに執筆しました。
3つの特典付きキャンペーンを実施中です。
==> http://sayadori.org/amazon/
----------------------------------------------------------------------



■■ 公開サヤ取りペア ■■


[10/16 寄り仕掛け] 6営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 5901 洋カン 823 874 -6.20%
買 7912 大日印 513 565 10.14%
利益率 3.94%


今日は順調にサヤが縮小してきました。
日経があまり変化のないところで、がんばってくれました。

この調子で期待しておきたいと思います。




[10/19 寄り仕掛け] 3営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 2801 キッコマン 1,068 1,070 -0.19%
買 9532 大ガス 337 329 -2.37%
利益率 -2.56%


期待に反して、サヤが拡大しています。

レンジ的には、かなりスゴイところまで開いているので
確率的には、それほど大きく開く感じはしないのですが。

関西電力の無配報道で、電力・ガス系が売られたのが
今日のサヤの動きには響いているようです。




[10/23 寄り仕掛け] 1営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 5803 フジクラ 248 244 1.61%
買 3099 三越伊勢丹 806 803 -0.37%
利益率 1.24%


サヤ取りくんから、一番条件の良かったものをピックアップです。

サヤの動き的には、もうちょっとなのですが
数値的には申し分ない感じだったので仕掛けています。

バックテスト的には、負けナシのペアです。

様子を見守っていきたいと思います。




■■ 編集後記 ■■


サヤ取り公開ペアは、今日から1ペア追加しています。
もう1ペアの空きがあるので、探してはいきたいと思っています。

為替の動きもあって、先読みが大変な感じですが
うまくヘッジしながら、相場に向き合っていきましょう。



今日も、最後まで読んで頂きありがとうございました!!

では、また明日〜


※サヤ取り公開ペアの銘柄選定は、サヤ取りツール
「サヤ取りくん」を使って銘柄抽出を楽々行っています。

※サヤ取り公開ペアの記載ついて、投資を推奨するものではありません

※サヤ取り公開ペアは、利益確定5%、損切り5%、保有期間15日
というルールに基づいて運用しています。