ここ数日の相場の急落は、個人投資家に暗い影を落としています。

急落相場で生き残れない投資術ですが
いつまで経っても、資産を作る事はできません。

まさに、コツコツ、ドカンという感じで
暴落相場で、一気に資産を吹き飛ばしてしまう人が後を絶ちません。



2011年3月、東日本大震災による、相場の急落

昨年5月、アベノミクス上昇後の、相場の急落。

そして、今回、新興国を引き金にした、相場の急落。



こうした相場の急変は、年に1回くらいはあるものです。


個人投資家の多くは、
日経平均株価が、急落した後になってから
サヤ取りのような、安全な投資の方法を探し出します。

サヤ取りが注目されるのは、決まって相場の急落後です。


でも、本当は急落前からサヤ取りをやっていないと
何の意味も持ち合わせません。

資産を失ってからでは遅いのです。



私のメルマガでは、既に過去6年もの間
サヤ取りのフォワードテストによる成果を公表しています。

これまでの、サヤ取り公開ペアの実績は、このようになっています。


2008年:42.1%
2009年:105.21%
2010年:56.44%
2011年:16.29%
2012年:31.58%
2013年:-2.29%


昨年、2013年はアベノミクスの相場急変ということもあって
サヤ取りのシステムが、うまく対応することができませんでした。

儲けも出ませんでしたが、損もしなかった
そんな相場が2013年です。


それでも、相場から学ぶ大事なことは
どんな相場でも、投資を続けていけるということに尽きます。

アベノミクスの上下(今そうですが)に惑わされず
長い目で見て、資産を失わない投資ができるというのは
まさにサヤ取りのメリットだと思います。


これまで、多くの方をサポートしてきたこともあって
サヤ取りに取り組んでくださっているお客様は
2013年も含めて、良い成果を出してくださる方が多くいらっしゃいます。


ツールとしても、定期的にバージョンアップを繰り返し
昔に比べて、格段に使いやすくなっています。


また、繰り返し利益が取れてしまう「黄金ペア」も
サヤ取り会員の間では共有させていただいています。

表のメルマガには出てこない、まさに金の宝を
サヤ取り会員の間では、共有させてもらっています。


こうして、6年もの間、メルマガで結果を公表し続けて
続けていけるのも、サヤ取りの優位性と安定性のお陰です!!




私のメルマガ読者の方には、相場急変で資産を失って欲しくない!!


今からでも遅くはありません。

安定した資産運用のために、サヤ取りをはじめてみませんか??



今回、こうした相場の急変もあって
今から「サヤ取り」を始めて見たいという方のために
特別な企画を準備させていただきました。

とりあえず、サヤ取り投資というのものがどういうものか
ツールを含めて、触ってみて欲しいと思っています。

何事もやってみなければ、良さも分かりません。



まずは、お試し感覚でサヤ取り投資が実践できるようにと


初期費用: 9,800円 → 無料
月額費用: 9,800円 → 2月分に限り980円に!!


の特別キャンペーンを企画させていただきました。


初期費用無料。

そして、2月度の会費が980円で始めることができるので
980円だけ覚悟を決めていただければ、サヤ取りを始めることができます。


まずは、サヤ取りを始めて見ていただいて
気に入っていただければ、そのまま継続していただき
サヤ取り投資を極めてもらいたいと思います。


投資スタンスは、好みがありますので、誰しもサヤ取りが合うとは限りません。

しかし、一度やってみないと、良いも悪いも分からないので
サヤ取りの安定性や、精神的な安定というのを
一度、味わってから判断してもらえればと思います。


今回のキャンペーンは
2月9日(日) 26:00までの、期間限定のキャンペーンになります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

お申し込み後に決済いただくと、

・「サヤ取りくん」のダウンロード
・黄金ペアが掲載されている会員サイトの閲覧
・各種マニュアル類のダウンロード

がご利用いただけるようになっております。


是非、この機会にサヤ取り投資をお試しいただいて
相場に左右されない、安定した投資環境を築いてください。



【サヤ取り投資 期間限定キャンペーンはこちら】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://sayadori.org/tool_special/


キャンペーン内容についてご質問があれば
お電話やこのメールの返信でも結構ですので、お問い合わせください。



いつも、ありがとうございます。