国民投票は、すごい事になりましたね。

打ち合わせで、ほぼ外出しながら、状況を見届けてましたが
相場の大変動で、落ち着かない1日でした。

夜は、スタッフの人と懇親会へ。

日曜日からは、福岡に出張になるので、週末に移動します。


今日土曜日は、楽天証券がメンテナンス中でシステムが使えず。
メンテナンスは必要かもしれませんが、土日もサービスして欲しいです。




■■ 投資コラム − 英国EU離脱決定 歴史的な相場の1日 ■■


英国の国民投票の結果が出ました。

今日の投資コラムのコーナーは、全体を包括しての内容で
記事にしてみたいと思います。



ご存じのように、英国の国民投票はEU離脱という結果になりました。

相場は大混乱で、24日の世界のマーケットは
大きな変動に見舞われています。


相場が大混乱となった最大の要因は
事前の世論調査の結果では、残留派がリードしていたという事。

調査機関によって数字に違いはあったものの
基本的には、すべての調査機関が残留派優位として取り上げていました。

残留確率は、80%を超えてきており
すでに相場としては、EU残留を織り込む形で
相場は形成されていました。


24日の日本市場は、国民投票が締め切られた後からのスタートで
寄りつきは、EU残留を見越して、やや高めに始まっています。

この時点では、まさか離脱になるとは、マーケットは予想していませんでした。


寄りつきからほどなく、最初の開票結果が報じられています。

最初の開票結果は、離脱派の数字が大きくリードしていたのですが
ある意味、離脱派リードになるのは折り込み済み。

離脱の声が大きい、英国北部からの開票結果が先に出たため
離脱派の方が多くなるのは想定済みでした。

ただ、この発表の時点で異変を感じたのですが
離脱派の数字が、事前予想よりも大きく上回っていたこと。

このあたりから、若干マーケットの伸びが落ちています。
(でも、この時点では、まだ日経平均株価はプラス)


その後、続々と開票結果が出てきましたが
残留派の数字が、離脱派の数字を上回ることなく
急激に相場に「もしや?」という感じが相場に漂ってきて
急速に下げ足を速めることになりました。


日本市場もそうですが、大きく動いたのが為替相場。

欧州市場は、まだ株式市場がオープンしていなかったので
投票結果を受けて動いたのは、為替です。

ポンド円が急速に下落となり、日本市場も連動して下落。


大きく動きが出たのが、日本市場のお昼休み中。

前場の引けは、500円くらいの下落幅でしたが
先物主導で大きく下落し、1000円超の下落へと急降下。

この時、ドル円相場は、1ドル99円台にまで円高となり
リスク回避からの円買いが急速に加速しました。

このくらいの時点で、ほぼEU離脱が決定的に。
残留と思っていた向きの人は、投げ売りするしかなくなりました。

先物市場では、サーキットブレーカーが発動して
10分間の売買停止に。
値幅制限が2000円へと拡大されました。

ポンド円は、158円から一時は133円まで急降下。


その後、離脱派の票数が、有効投票数の過半数を取得すると伝わり
EU離脱が決定的となりました。


日経平均株価の終値は、1286円安の14,952円と
15,000円を一気に割み、歴代8番目の下落幅となりました。

ドル円相場は、やや持ち直しましたが1ドル102台に。



日本市場の引けを持って始まったアメリカ市場ですが
寄りつきから大幅な下落となり
ダウ平均の終値は、610ドル安の17,400ドルとなっています。

アメリカ市場の下落幅からすると
日本市場は、やや下げすぎの印象で、ナイトセッションでは戻りの動き。
先物市場は、15,295円で引けています。

とりあえず、月曜日はやや戻して始まりそうです。

しかし、そのまま回復するとは思えず
来週もマーケットは混乱することでしょう。


欧州市場の出方が分かりませんし
各国の対応がどのようにされていくのかも見えません。

実際に離脱までは、まだ2年くらいの猶予がありますが
為替がこれだけ動いていますので、無傷ではいられないでしょう。



さて、相場的には、歴史的な面白い1日になりました。

徐々に離脱派優勢と伝わってきた時点で
まだ日経平均株価は高めに推移していたので
この時点からの仕掛けでも、相当な利益が取れました。

特にオプション取引は、相当おいしい相場になりました。


また、GBPが飛ぶ方向へのギャンブルFXも結果的に大成功となり
事前にメルマガでお伝えしたテクニックを使っておけば
リスク限定での大幅利益確保につながっています。


事前に暴落が予見できる相場環境というのは滅多になく
今回は特に事前の予想と大きく違った結果になったため
天井からの下落幅が非常に大きくなりました。

常にマーケットでは何が起こるか分からなく
100%の確率でないものは、何かしらの対策が必要ということです。


こういう相場を教訓にして、サヤ取りの良さを見直してみませんか?



※投資コラムは、柿田の経験に基づき、サヤ取りだけに限らず
 様々な投資や事業を通じての気付きをご紹介していきます。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<5年間負けナシ 「ローリスク サヤ取り投資法」>

○ 世界3大利殖術のひとつ「サヤ取り投資術」
○ サヤ取り公開ペアで、5年間負けナシの投資実績 (5年の利益率合計で251.62%)
○ 株価暴落でも慌てない。相場に左右されない、安定した投資術
○ ボタン一発「サヤ取りくん」ツールで、再現性の高いペア抽出
○ サヤ取り会員限定のメルマガ、黄金ペアのニュースレター配信
○ サヤ取り会員限定のセミナー・勉強会開催
○ 投資のお悩み相談、電話・メールサポート実施

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ローリスク サヤ取り投資法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ 公開サヤ取りペア − 国民投票前の損切り決済 ■■


[6/14 寄り仕掛け] 9営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 4503 アステラス 1520.5 1496 1.61%
買 7751 キヤノン 3020 2950 -2.32%
-0.71% 目標値 5%


少しサヤが縮小しています。
EU離脱の相場大変動がありましたが
サヤの動きは、さほど影響を受けておらず安定しています。

国民投票をまたがったペアは、この1つだけになってしまいましたが
サヤ取りの安全性は、他のペアを見てもそれほど変わらず。

どんな相場でも、安定して投資できることを証明しています。



※サヤ取り公開ペアは、4営業日目から銘柄名が公開となります。
プレミアム版メルマガでは、全ての銘柄名が公開となります。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 柿田文和著 「週30分ルーティン投資術」 アマゾン1位獲得! ☆☆☆

○ 当メルマガで紹介しているサヤ取り投資を、投資初心者向けに執筆
○ 3つの特典付きキャンペーンを実施中
○ 「投資における3つの掟 DVD2巻プレゼント」もあり
○ 筆者サイン付き書籍もお申し込み可

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
いまどき株で儲ける 週30分ルーティン投資術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ サヤ取り 編集後記 ■■


サヤ取り公開ペアは、安定した動きです。

国民投票を受けて、相場の動きは大変動となっていますが
サヤ取りの方は安定した結果になっています。

常に平常心でトレードできるのがサヤ取りの最大の良さで
今回も、そのサヤ取りの良さが見事に表現されています。


来週も、まだマーケットは荒っぽい相場になると思いますが
サヤ取りの方は、少しだけ相場の様子を見てから
新しいペアのエントリーを探っていきたいと思います。


今日もメルマガを読みいただきまして、ありがとうございました。

では、良い週末をお過ごしください。


※サヤ取り公開ペアの銘柄選定は、サヤ取りツール
「サヤ取りくん」を使って銘柄抽出を楽々行っています。

※サヤ取り公開ペアの記載ついて、投資を推奨するものではありません

※サヤ取り公開ペアは、利益確定5%、損切り5%、保有期間15日
というルールに基づいて運用しています。

※サヤ取りに個別材料は関係ありませんが、趣味の為にまとめています。