こんにちは。トライアングルズ 柿田です。



日本が3連休だったこともあって
メルマガ的には、ちょっとのんびりした感じです。

土曜日に、日本からマレーシアに戻ってきたのですが
今は、またマレーシアから日本に向かうために空港にいます。

私の誕生日があったので、家族やオフィスでお祝いしてもらって
そして、あっという間に、マレーシアを去る。
誕生日祝いをしてもらうために、マレーシアに戻ってきたようです。


今週は、水曜日から3日間、幕張メッセでの展示会で
終日このイベントのために滞在する予定です。

今週も、非常に忙しい1週間になりますが、楽しみたいと思います。




■■ 投資コラム − 斬新な取り組み ■■


元SMAP3人が取り組んだ
インターネットでの番組が話題になっています。

知名度のある3人だからというのもありますし
72時間という連続番組としても
面白い企画だと思います。

私は見てはいないのですが、かなり盛り上がったようです。


インターネットならでわの番組構成で
時間もたくさんあって、好きなように使えるというのが
非常に斬新な企画だったのではないかと思います。

メディアの世界は、あまり大きな変化がこれまでなく
個人的には、今回の企画の取り組みは
メディアのあり方について、一石を投じるものだったと思います。

こういう革命的な内容を見ると、ワクワクしてきます。


さて、サヤ取りの世界も、大きな変化を遂げてきました。

サヤ取りの考え方そのものは、昔からあって
どれをサヤととらえて、サヤの大きさをどうやって測るか
常にそれだけがポイントではありました。

長らく、サヤ取りの考え方としては
場帳というノートに株価の動きを付けながら
サヤを追いかけるという、アナログ的なやり方が当たり前でした。


しかし、インターネットが発達して
株式取引そのものも、インターネットでできるようになって
サヤ取りの考え方も大きく進化を遂げました。

サヤ取りくんも、時代に流れによって進化した
やり方の革新の一つです。


アナログ的な、ノートを付けるやり方しか知らない人には
パソコンでのサヤを見つけるというのは斬新そのもの。

こういう革新的な物は、最初は賛否両論あるものですが
時代の流れに沿っている物であれば
次第にそれが当たり前になっていきます。

今や、サヤ取りを場帳を付けてやる人はいないでしょう。


インターネットテレビの企画も
これから、このやり方が当たり前になってくるような
大いに楽しみを感じる内容でした。



※投資コラムは、柿田の経験に基づき、サヤ取りだけに限らず
 様々な投資や事業を通じての気付きをご紹介していきます。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<5年間負けナシ 「ローリスク サヤ取り投資法」>

○ 世界3大利殖術のひとつ「サヤ取り投資術」
○ サヤ取り公開ペアで、5年間負けナシの投資実績 (5年の利益率合計で251.62%)
○ 株価暴落でも慌てない。相場に左右されない、安定した投資術
○ ボタン一発「サヤ取りくん」ツールで、再現性の高いペア抽出
○ サヤ取り会員限定のメルマガ、黄金ペアのニュースレター配信
○ サヤ取り会員限定のセミナー・勉強会開催
○ 投資のお悩み相談、電話・メールサポート実施

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ローリスク サヤ取り投資法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ 世界市況の様子 − 3指数揃って上昇、原油価格が年初来高値更新 ■■


11月3日(金)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 23,539ドル(+22)
・S&P500 2,587.8ポイント(+7.9)
・ナスダック 6,764.4ポイント(+49.4)

3日は小幅ながら3指数揃っての上昇。

雇用統計発表日でしたが、雇用指標は米国経済の
先行きを懸念するような内容となっておらず
金融市場に対する影響は限定的。

週のイベント的には雇用統計より
パウエル氏のFRB議長指名に重きが置かれており
11月の雇用統計は例月に比べると重視されていませんでした。


ダウ平均採用銘柄の上昇率では、1位がアップル(+2.61%)。

一方で下落率1位はインテル(+1.61%)となり
ナスダック指数の上昇はありますが
ハイテク銘柄も買い一色と言う訳ではありません。


一方、原油価格(WTI)は上昇が継続。

一時56ドル台に到達し、本年の最高値を更新しました。


これまで50ドルを中心に値動きを形成の原油価格は
年初来最高値更新により、今後値動きの性格が
変わる可能性が生じています。


またVIX指数も年初来安値に近い数字にまで下落しており
市場は完全にリスクオンとなっています。


来週はトランプ大統領がアジア訪問で不在となります。

トランプ大統領不在のアメリカ市場が
これまで通り静かな上昇を見せるのかに注目したいと思います。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   <初心者向け 投資で勝つ体質を作るのにおすすめ>
   「投資における3つの掟」

○ 負けない投資家になる大切な要素。これを知らずに投資では勝てない!!
○ 投資ルール、メンタルコントロール、資金管理の3つを解説
○ 投資セミナーで圧倒的に高い評価を受けているセミナー
○ 勝率30%でも儲けられる理由とは?
○ 100%全額返金保証付き

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
投資における3つの掟
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ 日本市況の様子 − 経平均は上昇も、値下がり銘柄が多数を占める ■■


11月6日(月)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 22,548円(+9)
・TOPIX 1,792.6ポイント(-1.4)
・東証1部出来高 19億3816万株
・同売買代金 3兆3497億円
・同値上がり794銘柄、値下がり1156銘柄、変わらず83銘柄


6日の日経平均は+9円と小幅ながらも上昇し
3営業日続けての上昇となりました。

ただし東証1部の銘柄においては
値下がり銘柄>値上がり銘柄、となっており
上昇は一段落した状態。

また日中の値動きを見ても
後場に前営業日比でマイマスとなった時間帯もあり
先週前半までの買い一辺倒との相場からは
少し異なる状況となりつつあります。

ただし売買代金は月曜ながら3兆円を維持しており
市場のパワー自体は衰えを見せていません。


日経平均採用銘柄では
古河電工が-15.67%と下落率一位に。

決算の内容自体は悪くないものの市場予想に及ばず
売りが売りを誘った結果、大幅安となりました。

これまでにあまりないパターンでの下落と言えます。


株価に対し強気の記事やコメントが
多くなったように感じます。

また古河電工の下落は、決算内容から見れば
行き過ぎの感もあります。

定性的に相場が過熱の兆候があるため
今後の株価について過度な楽観を控えるべきと考えます。




■■ サヤ取り デイトレ − デイトレお休み ■■


窓を開けての相場となりますので、お休みとしたいと思います。

FRB議長指名や雇用統計などがあるので
イベントが盛りだくさんの窓を開けての動き。
ここは、一旦素直に見送っておきましょう。

結果的には、あまり相場は動かなかったのですが
のんびりできたので、それはそれで、良かったです。



※「サヤ取り デイトレ」のコーナーですが
明日のサヤ取り デイトレペア候補については
サヤ取り王子の株式投資情報「プレミアム版」限定で配信しています。
サヤ取り王子の株式投資情報(プレミアム版)


※サヤ取りデイトレセミナーがDVDになりました。
デイトレに挑戦する場合は、事前にやり方を習得してください。
サヤ取りくんを使わず、証券会社のツールでデイトレできます。
http://sayadori.org/seminar/daytrade/




■■ 公開サヤ取りペア − 新規ペアが早くもピンチ ■■


[10/16 寄り仕掛け] 15営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 6971 京セラ 7333 7799 -6.35%
買 7912 大日印 2664 2791 4.77%
損益率 -1.59% 目標値 5%


サヤが戻ってきてくれました。

一時期は、損切りに近いところまで行ってしまったので
これでも、かなり戻りを見せてくれています。

これで15営業日になったので、明日決済していきます。

全体的に、あまり良い場面はなかったかな。




[11/1 寄り仕掛け] 3営業日目

コード 損益率
売 6*** -0.85%
買 6*** -1.85%
利益率 -2.71% 目標値 5%


3日目になります。

サヤとしては、先週末とほとんど変わらない感じ。
既に、思ったよりもマイナスが出ているので
何とか耐えてくれて良かったという感じです。

相場が反転してくれたら、面白いと思うのですが。




[11/1 寄り仕掛け] 3営業日目

コード 損益率
売 5*** -3.95%
買 4*** 0.00%
利益率 -3.95% 目標値 5%


やや大きめにサヤが拡大してしまっています。

2%くらいマイナス幅が広がっており
はやくもピンチの様相です。

かなり派手にサヤが拡大となっているので
この先の動きが、ちょっと心配な感じです。



※サヤ取り公開ペアは、4営業日目から銘柄名が公開となります。
プレミアム版メルマガでは、全ての銘柄名が公開となります。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 柿田文和著 「週30分ルーティン投資術」 アマゾン1位獲得! ☆☆☆

○ 当メルマガで紹介しているサヤ取り投資を、投資初心者向けに執筆
○ 3つの特典付きキャンペーンを実施中
○ 「投資における3つの掟 DVD2巻プレゼント」もあり
○ 筆者サイン付き書籍もお申し込み可h

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
いまどき株で儲ける 週30分ルーティン投資術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ サヤ取り 編集後記 ■■


サヤ取り公開ペアは、新しく投入した2ペアが
あまり良い動きになっていません。

早くも、微妙なレンジに差し掛かってきており
このままだと、厳しいなぁという動きになっています。

それも、これも、相場の動きが怪しいから。
いつになったら、下落の動きになってくれるのか。

すっかり読みが外れた10月は、今ひとつだったのですが
11月初旬も、既に読みが外れて、厳しい動きです。

11月は、何とかサヤ取りでも取りに行きたい!



今日もメルマガを読んでいただき、ありがとうございます。

では、また明日〜


※サヤ取り公開ペアの銘柄選定は、サヤ取りツール
「サヤ取りくん」を使って銘柄抽出を楽々行っています。

※サヤ取り公開ペアの記載ついて、投資を推奨するものではありません

※サヤ取り公開ペアは、利益確定5%、損切り5%、保有期間15日
というルールに基づいて運用しています。

※サヤ取りに個別材料は関係ありませんが、趣味の為にまとめています。