こんにちは。トライアングルズ 柿田です。



マレーシアに戻ってきました。

今回は日本滞在が短かった割には
久しぶりにマレーシアに戻ってきた感じがします。

日本は春休みも終わったはずなのですが
飛行機のチケットも取りずらかったのですが
かなり空港も混雑していました。

5月は、また日本で展示会があるのですが
ゴールデンウィークあけて
これまたチケットが取りにくく困っています。

事前にしっかり予定を立てておかないとダメですね。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<5年間負けナシ 「ローリスク サヤ取り投資法」>

○ 世界3大利殖術のひとつ「サヤ取り投資術」
○ サヤ取り公開ペアで、5年間負けナシの投資実績 (5年の利益率合計で251.62%)
○ 株価暴落でも慌てない。相場に左右されない、安定した投資術
○ ボタン一発「サヤ取りくん」ツールで、再現性の高いペア抽出
○ サヤ取り会員限定のメルマガ、黄金ペアのニュースレター配信
○ サヤ取り会員限定のセミナー・勉強会開催
○ 投資のお悩み相談、電話・メールサポート実施

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ローリスク サヤ取り投資法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ 世界市況の様子 − 米中貿易摩擦の懸念再浮上 ダウ平均500ドル以上下落 ■■


4月6日(金)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 23,932ドル(-572)
・S&P500 2,604.4ポイント(-58.3)
・ナスダック 6,915.1ポイント(-161.4)

6日は3指数揃って下落、ダウ平均は500ドルを超える下落となり
ナスダック指数も再び節目の7,000ポイントを割りました。


また雇用統計が発表。

予想を大幅に下回る数字となったものの
悪天候他の一時的要因が多く、市場は冷静に受け止め。


むしろ6日のテーマは中国に対する制裁関税の追加問題。

トランプ大統領が追加の関税の検討を指示し
市場は再び米中貿易摩擦問題の激化を感じ取り
一気に売りに傾くことになりました。

先日は米中貿易摩擦問題を楽観視していたムニューシン財務長官も
リスクの存在を認めるに至り、市場は弱気に傾くことになっています。


ダウ平均採用銘柄は全銘柄が下落。

下落率では
1位キャタピラー(-3.47%)
3位ボーイング(-3.06%)

といった最近ではお馴染みの、売上の中国比率が高い銘柄の
下落が目立ちました。


ダウ平均他の大きな下落は雇用統計発表が契機ではないものの
サイクル的には雇用統計を契機にトレンドが変わるケースがあります。

週明けに新たなトレンドが生じるのか
注意深く見守りたいと思います。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   <初心者向け 投資で勝つ体質を作るのにおすすめ>
   「投資における3つの掟」

○ 負けない投資家になる大切な要素。これを知らずに投資では勝てない!!
○ 投資ルール、メンタルコントロール、資金管理の3つを解説
○ 投資セミナーで圧倒的に高い評価を受けているセミナー
○ 勝率30%でも儲けられる理由とは?
○ 100%全額返金保証付き

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
投資における3つの掟
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ 日本市況の様子 − 週末の米国市場は急落も、日経平均110円の上昇 ■■


・日経平均株価 21,678円(+110)
・TOPIX 1,725.8ポイント(+6.5)
・東証1部出来高 13億9023万株
・同売買代金 2兆2652億円
・同値上がり1117銘柄、値下がり873銘柄、変わらず91銘柄


9日の日経平均は110円高、週末の77円安を
取り返す上昇となりました。


週末の雇用統計のあった米国市場はダウ平均が572ドル安と大荒れ。

雇用統計関係なく米中貿易摩擦問題に市場が揺さぶられましたが
8日にはトランプ大統領が中国と交渉での問題解決に意欲を示し
市場の警戒感は後退。

東京市場は、市場の米中貿易摩擦問題に対する警戒感が
後退した所からの取引開始となりました。


前場の値動きはそれほどなかったものの
後場に入り上昇を開始し、その後崩れることなく
日経平均は週末比+110円で取引が終了しました。


為替市場ではドル/円が107円台を維持。

しかしながら雇用統計で一旦天井を付けたパターンとなっており
今後下落の可能性があります。


週をまたいだとは言え、ダウ平均が大幅に下落の後でも
日本市場は上昇し、よい兆候と言えます。

ただし売買代金は月曜でもあり2.2兆円に留まっています。


売買代金の少ない中、これまで通り米国市場の値動きに
左右される状態が日本市場は継続するのか
雇用統計明けの値動きに注目したいと思います。




■■ サヤ取り デイトレ − 東京製綱(5981) vs JFEホールディングス(5411) ■■


9日のサヤ取りデイトレですが

売り 5981 東京製綱
買い 5411 JFEホールディングス

をもう1日取り上げてみました。

ただ、金曜日はダウ平均が大きく下落したこともあって
寄り付き大きく下げて始まりそうな予感。

また米中貿易戦争に関係しそうなので
デイトレとしては、面白い値動きが期待できそうでう。

私は、移動日だったので、結局デイトレは参加できていません。


さて2日連続で狙ったのは大正解で
期待通りの動きになってくれたようです。

寄り付き気、東京製綱が大きく下落の流れとなって
サヤとしては、一気に拡大の動きに。

一気に2%くらいのプラスには浮上しました。

その後は安定した動きで、10時くらいは2%強。
後場では、4%くらいのプラスにまでなっています。

金曜日の時点ではタイミングが合いませんでしたが
2日連続で取り上げたのがハマってくれて
非常に良かったと思います。



※「サヤ取り デイトレ」のコーナーですが
明日のサヤ取り デイトレペア候補については
サヤ取り王子の株式投資情報「プレミアム版」限定で配信しています。
サヤ取り王子の株式投資情報(プレミアム版)


※サヤ取りデイトレセミナーがDVDになりました。
デイトレに挑戦する場合は、事前にやり方を習得してください。
サヤ取りくんを使わず、証券会社のツールでデイトレできます。
http://sayadori.org/seminar/daytrade/




■■ 公開サヤ取りペア − 材料に持ちこたえる ■■


[4/3 寄り仕掛け] 5営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 8015 豊田通商 3505 3580 -2.14%
買 4502 武田 5088 5025 -1.24%
損益率 -3.38% 目標値 5%


武田の材料で大きくサヤが拡大してしまいましたが
少し戻った物の、厳しい状態にいます。

プラスの材料に転換してこないと
ファンダメンタル的に、厳しい状況かなと思いますが
なんとか、がんばってもらいたいです。




[4/3 寄り仕掛け] 5営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 1928 積ハウス 1916 1962.5 -2.43%
買 9020 JR東日本 9712 9952 2.47%
損益率 0.04% 目標値 5%


少しサヤが拡大となっていて
ギリギリプラスという水準です。

日本市場は、回復基調に向かってきているようなので
その中で、どのような動きになっていくのか
サヤの動きにも注目しておきたいと思います。




[4/5 寄り仕掛け] 3営業日目

コード 損益率
売 8*** -1.46%
買 8*** 2.05%
利益率 0.59% 目標値 5%


ほとんどサヤとしては、変わってないですかね。

初日は良い感じだったのですが
その後2日は、動きが停滞してしまっており
ちょっと厳しい状態になっています。

流れを見るには、もう少し時間がかかりそうです。



※サヤ取り公開ペアは、4営業日目から銘柄名が公開となります。
プレミアム版メルマガでは、全ての銘柄名が公開となります。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 柿田文和著 「週30分ルーティン投資術」 アマゾン1位獲得! ☆☆☆

○ 当メルマガで紹介しているサヤ取り投資を、投資初心者向けに執筆
○ 3つの特典付きキャンペーンを実施中
○ 「投資における3つの掟 DVD2巻プレゼント」もあり
○ 筆者サイン付き書籍もお申し込み可h

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
いまどき株で儲ける 週30分ルーティン投資術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ サヤ取り 編集後記 ■■


サヤ取り公開ペアは、心配だった武田ペアが
なんとか持ちこたえてくれました。

持ちこたえてくれたのは、今度はがんばってくれないかな?
と期待を持ってみています。

移動日は、あまり相場に手が付けられないのですが
マレーシアに戻ってきたので、サヤ取りの新ペアも含めて
見ていくようにしたいと思います。

エクセルのアップデートの影響で
サヤ取りくんの調子の悪い方がいらっしゃるので
そちらも調べていきたいと思います。

それにしても、マイクロソフトには困ったものだ。



今日もメルマガを読んでいただき、ありがとうございます。

では、またあした〜


※サヤ取り公開ペアの銘柄選定は、サヤ取りツール
「サヤ取りくん」を使って銘柄抽出を楽々行っています。

※サヤ取り公開ペアの記載ついて、投資を推奨するものではありません

※サヤ取り公開ペアは、利益確定5%、損切り5%、保有期間15日
というルールに基づいて運用しています。

※サヤ取りに個別材料は関係ありませんが、趣味の為にまとめています。