こんにちは。トライアングルズ 柿田です。



昨晩、メルマガを書いていたら
マンションの電気設備の不具合かと思いますが
突然の停電に。

何か点検するような事がありましたが
きっと何かトラブルでもあったのでしょう。

パソコンは使えますが
家のネット関連が全部使えなくなって
やる気が起きなくなり、とりあえず寝たら、朝でした(笑)


捻挫した足の方は、少しは良くなってきているのですが
思ったより治りが遅い感じがしています。

歳のせいなのか?!分からないですが
しばらくは大人しくしてないとダメそうです。


時間が少ないので、投資コラムはお休みしていきます。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<5年間負けナシ 「ローリスク サヤ取り投資法」>

○ 世界3大利殖術のひとつ「サヤ取り投資術」
○ サヤ取り公開ペアで、5年間負けナシの投資実績 (5年の利益率合計で251.62%)
○ 株価暴落でも慌てない。相場に左右されない、安定した投資術
○ ボタン一発「サヤ取りくん」ツールで、再現性の高いペア抽出
○ サヤ取り会員限定のメルマガ、黄金ペアのニュースレター配信
○ サヤ取り会員限定のセミナー・勉強会開催
○ 投資のお悩み相談、電話・メールサポート実施

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://sayadori.org/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ 世界市況の様子 − ダウ平均は8連騰でストップ 200ドル近い下落 ■■


・ダウ平均 24,706ドル(-193)
・S&P500 2,711.4ポイント(-18.6)
・ナスダック 7,351.6ポイント(-59.6)

15日は3指数揃っての下落、ダウ平均の9営業日ぶりの下落は
200ドル近い大きな下落となりました。

3%付近を上下している米長期金利が、3.09%にまで上昇。

長期金利の上昇は住宅ローンを通じ家計の圧迫要因となり
また株式市場に対しても資金の流れの観点ではマイナス要因。

これまで意識されなかった金利上昇のデメリットに対し
市場は敏感になり、株式市場は一気に下落。


しかしダウ平均は8連騰しており
十分お釣りが残っている状態です。

ただしダウ平均採用銘柄で上昇したのは
4銘柄のみとなり、全面安。


ナスダック指数も約60ポイントの下落を見せており
ハイテク株も売られた結果、ダウ平均採用銘柄の
下落率1位はインテル(-1.79%)となりました。

またVIX指数もさすがに若干上昇し
昨日までのリスクオンの流れは小休止。


ダウ平均が8連騰の中で、一旦押し目が入りやすいタイミングであり
大きな下落とはいえ、まだ許容範囲と言えます。

ただし明日以降再び上昇トレンドに戻るような動きを見せるのか
一旦上昇トレンドを終えるような値動きを見せるのか
注意深く今後の方向性を見極めたいと思います。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   <初心者向け 投資で勝つ体質を作るのにおすすめ>
   「投資における3つの掟」

○ 負けない投資家になる大切な要素。これを知らずに投資では勝てない!!
○ 投資ルール、メンタルコントロール、資金管理の3つを解説
○ 投資セミナーで圧倒的に高い評価を受けているセミナー
○ 勝率30%でも儲けられる理由とは?
○ 100%全額返金保証付き

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
投資における3つの掟
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ 日本市況の様子 − ドル/円が110円台に到達するも続落 ■■


・日経平均株価 22,717円(-100)
・TOPIX 1,800.3ポイント(-4.8)
・東証1部出来高 16億2672万株
・同売買代金 2兆6028億円
・同値上がり890銘柄、値下がり1120銘柄、変わらず73銘柄


16日の日経平均は100円安となり続落。

昨日の米国市場が米長期金利の上昇を背景に
ダウ平均が約200ドルの下落。

日本市場も寄付きより100円程度下落して取引を開始。

その後、日経平均22,750円を挟む取引が前場及び後場ともに継続し
一度も昨日比でプラスになる場面は無く
本日の取引は終了しました。


昨日晩に為替市場ではドル/円が2月以来の110円に到達し
東京時間も価格の維持はなされましたが
株価を引き上げるほどには至らず。

ただし110円台に乗ったドル/円の今後の行方に注目が集まります。

また場中に発表されたGDPが
市場予想を大幅に下回るマイナス成長となっており
今後の景気に対する不安感も市場の重しとなりました。

GDPのマイナスが一時的なものとなるのか
今後の発表は注目を浴びる事になります。


円安傾向にあるのは株式市場にとってプラス要因ですが
GDPのマイナス成長は今後の不安の種となる可能性があります。

米国市場に追随し、上昇を開始した日本市場を
円安効果が牽引することになるのか
注目したいと思います。




■■ サヤ取り デイトレ − 日東電工(6651) vs パナソニック(6752) ■■


16日のサヤ取りデイトレですが

売り 6651 日東工業
買い 6752 パナソニック

を取り上げてみます。

こうなったら、決算を受けて思いっきり動いた銘柄で
ちょっと行きすぎなんじゃ無い?というのを狙いましょう。

日東工業は、20%も上昇しています。
内容は、今期決算の見通しが良かったというのが理由ですが
あくまで見通しなので、信憑性はどうでしょうかね。

かなりあがったので、明日は面白いのではないかと思ってます。


寄り付きですが、思ったより落ち着いた感じに。
日東電工が、20%も上昇したとは思えない寄り付きでした。

寄り付きは落ち着いていたものの
日東電工の勢いは、寄ってからまた復活の兆し。

といっても、少し上昇したくらいで
明らかに勢いがなくなってきているのが見えてきます。

日東電工の動きが10時前後に横ばいの動きになると
今度は、そのまま下落の流れへ。

やはり、予想通り天井を付けた動きで
後場に入ると、今度は下落の動きに。

ちゃんと天井を見られれば、かなり良いデイトレで
引けでみれば3%くらいは取れた感じです。


材料あり銘柄はリスクもありますが
上がりすぎという銘柄を狙っていけば
決算期でも、デイトレは面白そうです。



※「サヤ取り デイトレ」のコーナーですが
明日のサヤ取り デイトレペア候補については
サヤ取り王子の株式投資情報「プレミアム版」限定で配信しています。
サヤ取り王子の株式投資情報(プレミアム版)


※サヤ取りデイトレセミナーがDVDになりました。
デイトレに挑戦する場合は、事前にやり方を習得してください。
サヤ取りくんを使わず、証券会社のツールでデイトレできます。
http://sayadori.org/seminar/daytrade/




■■ 公開サヤ取りペア − 為替とサヤの動き ■■


[5/8 寄り仕掛け] 7営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 5411 JFE 2357 2457 -4.24%
買 6326 クボタ 1822.5 1898.5 4.17%
損益率 -0.07% 目標値 5%


良い感じに動いていたのですが
損益がマイナスになってしまいました。

為替が円安に振れた事による
JFEの影響が大きいかなと思っています。

たいした為替の動きではないと思いますが
先を見越した、株式らしい動きです。

このペアは、為替の動きを多少受けるかもしれませんね。



[5/15 寄り仕掛け] 2営業日目

コード 損益率
売 7*** 0.63%
買 4*** 0.94%
利益率 1.57% 目標値 5%


2日目のペアになります。
少しだけサヤ拡大となっています。

チャート的には、まだ天井での動き。

ここからキレイにハマってくれれば
良い流れが期待できるはずなのですが。



※サヤ取り公開ペアは、4営業日目から銘柄名が公開となります。
プレミアム版メルマガでは、全ての銘柄名が公開となります。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 柿田文和著 「週30分ルーティン投資術」 アマゾン1位獲得! ☆☆☆

○ 当メルマガで紹介しているサヤ取り投資を、投資初心者向けに執筆
○ 3つの特典付きキャンペーンを実施中
○ 「投資における3つの掟 DVD2巻プレゼント」もあり
○ 筆者サイン付き書籍もお申し込み可h

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
いまどき株で儲ける 週30分ルーティン投資術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ サヤ取り 編集後記 ■■


サヤ取り公開ペアは、気がついたら2ペアしかないのですね。

新しいペアも、入れていかないといけないので
準備を進めようと思います。

すっかりメルマガの時間がずれてしまいましたが
17日から、マレーシアで新しい事業をスタートさせます。

こちらの事業についても、これからが楽しみです。


今日もメルマガを読んでいただき、ありがとうございます。

では、また明日〜


※サヤ取り公開ペアの銘柄選定は、サヤ取りツール
「サヤ取りくん」を使って銘柄抽出を楽々行っています。

※サヤ取り公開ペアの記載ついて、投資を推奨するものではありません

※サヤ取り公開ペアは、利益確定5%、損切り5%、保有期間15日
というルールに基づいて運用しています。

※サヤ取りに個別材料は関係ありませんが、趣味の為にまとめています。