こんにちは。トライアングルズ 柿田です。


明けましておめでとうございます。
今年もメルマガご愛顧、よろしくお願いいたします。

私は、年末年始はタイのバンコクで過ごして
ゆっくりとしたお正月を過ごさせてもらいました。

マレーシアは、1月2日から通常営業でしたが
1年のうちで、一番ゆっくりできたかもしれません。
普段は、これだけまとまったお休みは取れないので。


今日から仕事始まりですが
溜まっている仕事で、1日あっという間に過ぎてしまいました。

明日は健康診断に行く予定にしているので
今週は、今年のスタートに向けて
色々準備をしたいと思います。

今年も、頑張っていきましょうね!!




■■ 投資コラム − イラン関係の緊張化 ■■


2020年のスタートですが
あとで市況情報でもお伝えさせていただきますが
大幅に乱れる形でのスタートとなりました。

要因は、アメリカとイランの関係悪化によって
戦争が始まるかもしれない事態にまで
緊張感が高まってきています。

イランは、アメリカ大使館を攻撃しており
アメリカ側も、黙ってみている訳ではありません。

トランプ氏の考えもあるので
行動を起こすときは、あっという間に決断しそうです。


日経平均株価や世界市況は
イラン関係の緊張を受けて
大きく相場は下落するスタートになっています。

2019年の年初もそうでしたが
大きくマイナスからのスタートという
波乱の状況になっています。


日本は、為替の影響ではリスク回避のために
円資産が買われる展開になっていて
一気に円高が進んでいます。

円高の関係もあって
より相場は下落しやすい状況になっています。

日経平均株価が安定化したとしても
円高が進むと、日経も下がってしまいます。

この世界的なリスク相場では
株価の動きに先行する可能性のある
為替相場の動きにも気をつけて見ておきましょう。



※投資コラムは、柿田の経験に基づき、サヤ取りだけに限らず
 様々な投資や事業を通じての気付きをご紹介していきます。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<5年間負けナシ 「ローリスク サヤ取り投資法」>

○ 世界3大利殖術のひとつ「サヤ取り投資術」
○ サヤ取り公開ペアで、5年間負けナシの投資実績 (5年の利益率合計で251.62%)
○ 株価暴落でも慌てない。相場に左右されない、安定した投資術
○ ボタン一発「サヤ取りくん」ツールで、再現性の高いペア抽出
○ サヤ取り会員限定のメルマガ、黄金ペアのニュースレター配信
○ サヤ取り会員限定のセミナー・勉強会開催
○ 投資のお悩み相談、電話・メールサポート実施

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://sayadori.org/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ 世界市況の様子 − 米軍によるイラン軍司令官殺害によりリスクオフへ ■■


・ダウ平均 28,634ドル(-233)
・S&P500 3,234.8ポイント(-23.0)
・ナスダック 9,020.7ポイント(-71.4)

3日のダウ平均は233ドル安と大幅な下落となりましたが
前日の330ドル上昇に対する下落は限定的。

2日に330ドルとなりダウ平均は史上最高値を更新したものの
3日はイラクで米軍がイラン軍司令官を爆撃で殺害し
市場は一転リスクオフに転じました。


各株価指数が大きく下落する中で
リスク回避資産である金価格が急騰し
一時昨年夏の高値である1,550ドルに到達。

またVIX指数も上昇することになりました。


ダウ平均採用銘柄の下落率では

3位シスコシステムズ(-1.63%)
5位マイクロソフト(-1.25%)
6位インテル(-1.22%)

となりハイテク銘柄が下落。

またダウ平均採用銘柄での上昇は
2銘柄に留まり全面安の展開ともなりました。


周辺市場ではリスク資産の上昇に加え
原油価格(WTI)も上昇し63ドル台に突入。

原油価格は昨年末からの上昇トレンドが
依然として継続しています。


米国とイランの直接対立という地政学リスクが
顕在化する1日となりました。

今後相場環境の変化が生じる可能性もあるので
来週の各市場の値動きを注意深く見守りたいと思います。




■■ 日本市況の様子 − 2020年の日経平均は451円と大幅安で始まる ■■


・日経平均株価 23,204円(-451)
・TOPIX 1,697.4ポイント(-23.8)
・東証1部出来高 12億1971万株
・同売買代金 2兆2246億円
・同値上がり277銘柄、値下がり1835銘柄、変わらず49銘柄

2020年最初の取引となる6日の日経平均は451円安で
大幅安となりました。

一足先に2020年の取引を始めている海外市場では
アメリカとイランの緊張激化を受けてリスクオフの状態に。

日経平均は2020年の寄付き時点で23,400円を割れて
取引を開始しました。

その後も下落は止まらず一時-500円を超える下落となりました。

しかし23,200円を割れた時点で下げ止まり
最終的には451円安で2020年最初の取引を終えています。


日経平均は大幅安となったものの
同採用銘柄の上昇率では

1位国際石油開発帝石(+4.09%)
3位JXTG-HD(+3.41%)
4位出光興産(+2.48%)

となり原油関連銘柄は地政学リスク顕在化による
原油価格の上昇を受け、上昇に転じることになりました。


2020年はいきなり大幅安からの取引開始と
なってしまいました。

今後このまま下落トレンドに転じてしまうのか
米国市場も注視しながら、2020年最初の週の
取引を見守りたいと思います。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   <初心者向け 投資で勝つ体質を作るのにおすすめ>
   「投資における3つの掟」

○ 負けない投資家になる大切な要素。これを知らずに投資では勝てない!!
○ 投資ルール、メンタルコントロール、資金管理の3つを解説
○ 投資セミナーで圧倒的に高い評価を受けているセミナー
○ 勝率30%でも儲けられる理由とは?
○ 100%全額返金保証付き

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
投資における3つの掟
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ サヤ取り デイトレ − デイトレお休み ■■


年明けの大発会は、さすがにデイトレお休みです。
明日から、またデイトレも再開していきたいと思います。



※「サヤ取り デイトレ」のコーナーですが
明日のサヤ取り デイトレペア候補については
サヤ取り王子の株式投資情報「プレミアム版」限定で配信しています。
サヤ取り王子の株式投資情報(プレミアム版)


※サヤ取りデイトレセミナーがDVDになりました。
デイトレに挑戦する場合は、事前にやり方を習得してください。
サヤ取りくんを使わず、証券会社のツールでデイトレできます。
http://sayadori.org/seminar/daytrade/




■■ 公開サヤ取りペア − いきなりの損切りスタート ■■


[12/23 寄り仕掛け] 8営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 8253 クレセゾン 1893 1898 -0.26%
買 8795 T&D 1441 1341 -6.94%
損益率 -7.20% 目標値 5%


昨年からの続きのペアですが
いきなりサヤが大きく拡大してしまって
大きなマイナスになってしまいました。

動きが変わることを期待していたのに
いきなり年初から、マイナスを背負ってのスタートになりそうです。



※サヤ取り公開ペアは、4営業日目から銘柄名が公開となります。
プレミアム版メルマガでは、全ての銘柄名が公開となります。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 柿田文和著 「週30分ルーティン投資術」 アマゾン1位獲得! ☆☆☆

○ 当メルマガで紹介しているサヤ取り投資を、投資初心者向けに執筆
○ 3つの特典付きキャンペーンを実施中
○ 「投資における3つの掟 DVD2巻プレゼント」もあり
○ 筆者サイン付き書籍もお申し込み可h

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
いまどき株で儲ける 週30分ルーティン投資術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ サヤ取り 編集後記 ■■


サヤ取り公開ペアは、いきなりの損切り。
年初から、厳しい戦いになりそうです。

ペアがなくなってしまうので
明日からは、新しいペアを入れていきたいと思います。

相場は年初から荒れてきていますが
動きを見守っていく必要がありそうです。
短期的な動きで終わるのが、いざ有事が起こったら
少し長引きそうな気がします。


2020年をどのような年にしていきたいのか
これからしっかり計画を立てていって
良い年にしたいと思います。



今日もメルマガを読んでいただき、ありがとうございます。

では、また明日〜


※サヤ取り公開ペアの銘柄選定は、サヤ取りツール
「サヤ取りくん」を使って銘柄抽出を楽々行っています。

※サヤ取り公開ペアの記載ついて、投資を推奨するものではありません

※サヤ取り公開ペアは、利益確定5%、損切り5%、保有期間15日
というルールに基づいて運用しています。

※サヤ取りに個別材料は関係ありませんが、趣味の為にまとめています。