こんにちは。トライアングルズ 柿田です。



連休明けの月曜日。

どこか出かけるという訳でもない
今年のゴールデンウィークでしたが
終わってしまえば、あっという間です。

マレーシアは、再度のロックダウン延長となって
6月9日まで延長となりました。

ただ、社会活動は戻りつつある中での
再延長という流れになっています。

日本も連休が終わってから、開いているお店が増えていて
オフィスの周りのお店も、あいているところが増えました。

今週からは、経済とのバランスを取って行くタイミングです。




■■ 投資コラム − ソフトバンク決算好調 ■■


3月期の決算発表が相次いでいます。

今年は、どういう決算になるかに加えて
コロナの影響で、今期の業績がどのように変わってくるのか
合わせて決算の内容を見ておく必要があります。


今日は、大型株の中では、ソフトバンクが決算発表があり
好調な数字を記録しました。
(通信会社としてのソフトバンクです)

営業利益では、9100億円となっており
好調な決算を維持しました。



ソフトバンクグループとしては
投資損失が出ており大型赤字を出していますが
通信会社としてのソフトバンクが好調で
まだ衰える感じがしません。

今後5Gの拡大が広がっていくのに加えて
コロナの影響では、巣ごもりが増えた事で
固定と携帯と両方の通信契約が伸びています。

今期見通しも、営業利益で9,200億円と
増益を見込んでおり、好調を維持する見込みです。


意外と決算発表の内容を全体的に見ていると
コロナの影響が、それほど大きくないところも
今期の業績予想で見て取れます。

個別の見極めが必要になってきそうです。




■■ 世界市況の様子 − 雇用統計後、ダウ平均は455ドルの大幅高に ■■


・ダウ平均 24,331ドル(+455)
・S&P500 2,929.8ポイント(+48.6)
・ナスダック 9,121.3ポイント(+141.6)

8日のダウ平均は455ドル高となり続伸し
3指数揃っての上昇となりました。

取引開始前に発表された雇用統計は
失業率が戦後最悪となったものの、市場予想の範囲内であり
逆に材料出尽くしとなり株式市場は上昇する形となりました。


ダウ平均採用銘柄の上昇率では

1位ダウ(+4.51%)
2位キャタピラーキャタピラー(+4.49%)
5位ボーイング(+3.72%)

となりかつての貿易摩擦銘柄が上昇率上位にランクイン。

またダウ採用銘柄は全銘柄が上昇しており
全面高の展開となりました。


周辺市場では金価格が昨日の上昇に対し
若干の下落を見せています。

またVIX指数は20ポイント台にまで下落し
4月以降の安値を更新。

株式市場の上昇を背景に
リスク指標の金及びVIX指数ともに下落を見せています。

尚、VIX指数はあと一歩でコロナショック前時点の
値位置に戻ることになります。


雇用統計の結果は芳しくありませんでしたが
予想の範囲内の数字であり、今後の経済再稼働への期待感から
株式市場は上昇することになりました。

週明け後、上昇トレンドに拍車がかかることになるのか
注目したいと思います。




■■ 日本市況の様子 − 米雇用統計明けは上昇してのスタートに ■■


・日経平均株価 20,390円(+211)
・TOPIX 1,480.6ポイント(+22.3)
・東証1部出来高 13億1355万株
・同売買代金 2兆2098億円
・同値上がり1728銘柄、値下がり398銘柄、変わらず45銘柄


11日の日経平均は211円となり3営業日続伸。

8日のダウ平均は455ドル高となり大幅高となり
取引を終了。

米雇用統計で戦後最悪の失業率となったものの
市場予想程の悪化ではなく、逆に材料出尽くしで
上昇しており、日経平均も寄付き時点で20,300円を
回復して取引がスタートしました。

その後は概ね20,400-20,500円間の取引が続き
最終的に20,400円を若干割れた水準で取引を
終了することに。


日経平均採用銘柄の上昇率では

1位アルプスアルパイン(+12.57%)
4位いすゞ自動車(+9.96%)
8位日産自動車(+9.32%)

となり自動車関連銘柄が上昇率上位に
ランクインしました。


日経平均の上昇に合わせ為替市場でも
ドル/円が上昇。

106円台半ばで取引を開始しましたが
107円目前の水準にまで上昇し、15時過ぎに107円を
回復しています。

また月曜ながら売買代金は2兆円台を維持しており
株価の上昇を支えました。


米雇用統計後、幸先良いスタートを切ることに
なりました。

このまま上昇トレンド入りすることになるのか
注意深くフォローしたいと思います。




■■ サヤ取り デイトレ − 串カツ田中(3547) vs コメダ(3543) ■■


11日のサヤ取りデイトレですが

売り 3547 串カツ田中
買い 3543 コメダ

を取り上げてみたいと思います。

串カツ田中が、良い決算を発表していますが
決算が2月末になるので、コロナの影響は
それほど織り込まれていない状況ですが
良い結果を出しています。

今はコロナで厳しい状況ではありますが
その前までは、非常に業績が良かったということで
買いが入ってきています。

飲食系は厳しいところが多いと思いますが
同業種で、コメダを取り上げてみました。

飲食系だと、もっと良い組み合わせもあるかもしれませんが
相関性も悪くないので、取り上げてみたいと思います。


寄り付きですが、両銘柄とも上昇して始まり
エントリーしにくい状況でした。

思ったよりも高く始まりそうだったので
今日はノーエントリ−で終わっています。

串カツ田中が、思ったより強い動きで
休み明けというのもあって、手が出せませんでした。




■■ 公開サヤ取りペア − 広がった損切り ■■


[4/14 寄り仕掛け ==> 5/11 寄り決済]

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 8058 三菱商 2198 2410 -9.65%
買 2768 双日 248 246 -0.81%
損益率 -10.45% 目標値 5%


寄り付きにて損切り決済しました。

三菱商事が、思ったよりも良い動きで寄り付き
買い気配となったことで、大幅なマイナスに。

結果的には、大きく損失が広がってしまいました。
結構大きなマイナスになってしまったので
ダメージとしては大きいです。




[4/20 寄り仕掛け] 12営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 6758 ソニー 6967 7124 -2.25%
買 6367 ダイキン 13510 14190 5.03%
損益率 2.78% 目標値 5%


こちらは、確定ラインを期待しましたが
逆にサヤ拡大となってしまいました。

こちらのペアで損失カバーできればと期待してましたが
もう少しお預けになりそうです。




[5/11 寄り仕掛け] 1営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 3401 帝人 1662 1663 -0.06%
買 5715 古河機金 1100 1083 -1.55%
損益率 -1.61% 目標値 5%


今日からの新規仕掛けになります。
連休明けのタイミングなので、良いチャンスです。

順張りでのサヤ縮小ペアを狙ってみました。

ちょっとマイナスでのスタートになっていますが
すぐに挽回してくれることを期待しています。




[5/11 寄り仕掛け] 1営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 5802 住友電 1092.5 1120 -2.52%
買 7205 日野自 654 675 3.21%
損益率 0.69% 目標値 2%


こちらも今日からの仕掛けです。
順張りの流れ第2弾としての仕掛けになります。

こちらは少しプラスで始まってくれていて
同じ順張りの流れを期待しています。

今は、相場的には逆張りという感じでもなくなり
順張り登場のタイミングな気がします。




■■ サヤ取り 編集後記 ■■


サヤ取り公開ペアは、1ペアが損切り。
思ったよりも、サヤが拡大してしまいました。

まあ過去の事は忘れて、新しいペアを2つエントリー。
順張りのペアでエントリーしてみました。

今は順張りの流れで仕掛けてみたいと思います。

連休明けで、新しい相場になってきますが
どんな動きになっていくのか楽しみです。

日経平均も20,000円を超えてきており
すっかりコロナを忘れた平和ボケしている感じはしますが
もともと、それほど気にする必要がなかったのかもしれませんが。



今日もメルマガを読んでいただき、ありがとうございます。

では、また明日〜


※サヤ取り公開ペアの銘柄選定は、サヤ取りツール
「サヤ取りくん」を使って銘柄抽出を楽々行っています。

※サヤ取り公開ペアの記載ついて、投資を推奨するものではありません

※サヤ取り公開ペアは、利益確定5%、損切り5%、保有期間15日
というルールに基づいて運用しています。

※サヤ取りに個別材料は関係ありませんが、趣味の為にまとめています。