こんにちは。トライアングルズ 柿田です。



4連休に突入していますが、いかがお過ごしでしょうか?

連休前半が終わりましたが、私は仕事が入ったりして
あまりお休みらしい日はしていませんが
まあ出かけるところもないので、関係ないですが。

連休後半は、少しくらいはゆっくりできるかな。


連休、出かけている人も多いようですが
出かける人も、肩身が狭い想いでの外出で
世の中的にも意見が分かれるところなので
政府の方向性のなさもあって、完全なる自粛に持っていくのは
もう難しいのかなと思います。


私は、引き続き、感染予防には気をつけながら
のんびりとした、日本の4連休を楽しみたいと思います。




■■ 投資コラム − 損切りラインのタイミング ■■


世の中的に、コロナで疲弊する中で
経済全体としても、厳しい状況が続いています。

株価については、割と堅調な水準を維持しているのですが
実態経済との乖離が、引き続き見られます。

来年のオリンピック開催も危うくなってきて
みなさんの想像以上に、コロナの終息が遅くなっていく
というのが、現状の見方ではないかと想います。


今日のトピックは、「損切り」をテーマにしてみましたが
株ではなくて、実態経済での損切りについても
どこかで考えなくては行けなくなっています。

コロナの影響で、実害を受けている業種も多く
大規模なリストラが必要なところも多いです。

リストラといっても、人を切るという意味ではなくて
会社としての大きな構造改革が必要。

場合によっては、事業モデルの見直しだったら
事業内容そのものの見直しだったりと
コロナに合わせた戦略調整が必要です。


そこで考えなければいけないのが「損切り」

株では、損切りの大切さを言っていますが
会社の業績が、仮に赤字になっているのであれば
どこかで撤退ラインを決めないと行けません。

体力的に、数年持ちこたえられるとかであれば
まだ大丈夫なのかも知れませんが
内部留保の少ない中小企業などは特に
損切りについて真剣に考える必要があります。


結局は、今のコロナの状況において
どういう状況になったら、事業をたたんだほうがいいのか。

それはいつなのか、経済的な損失がいくらになったらなのか
コロナの状況を鑑みてどうなのか
事前に判断基準を決めておく必要があります。

最近の政府の発表も、コロナはまだ大丈夫とか言ってますが
結局、これも基準がハッキリしていないのが問題で
じゃあ、どういう状況になったら非常事態宣言が再度必要なのか?
が明確になっていないのが問題なのです。


コロナのあらゆるところを見ていると
判断基準が曖昧になっているところが多くて
これが決定が遅れる原因になっています。

実業においても、判断を明確に決めておくというのは
非常に大事なことだったりします。

株だけではなくて、普段の生活から
どういう状況になったら、どうするのかという行動基準を
決めておくと、判断に困ることもないのかなと思います。



※投資コラムは、柿田の経験に基づき、サヤ取りだけに限らず
 様々な投資や事業を通じての気付きをご紹介していきます。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<5年間負けナシ 「ローリスク サヤ取り投資法」>

○ 世界3大利殖術のひとつ「サヤ取り投資術」
○ サヤ取り公開ペアで、5年間負けナシの投資実績 (5年の利益率合計で251.62%)
○ 株価暴落でも慌てない。相場に左右されない、安定した投資術
○ ボタン一発「サヤ取りくん」ツールで、再現性の高いペア抽出
○ サヤ取り会員限定のメルマガ、黄金ペアのニュースレター配信
○ サヤ取り会員限定のセミナー・勉強会開催
○ 投資のお悩み相談、電話・メールサポート実施

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://sayadori.org/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ 世界市況の様子 − ダウ平均上昇の一方でドルインデックス大幅下落 ■■


・ダウ平均 26,840ドル(+159)
・S&P500 3,257.3ポイント(+5.4)
・ナスダック 10,680.3ポイント(-86.7)

21日のダウ平均は159ドル高となり続伸の一方で
ナスダック指数は86.7ポイント安となり
これまでとは逆の展開となりました。

EUが新型コロナウイルス復興基金の設立で合意し
世界経済についての楽観論が台頭した結果としてダウ平均が上昇。

一方で高値警戒感の強いハイテク銘柄は
利益確定の売りが出た結果、ナスダック指数は下落しました。


ダウ平均採用銘柄の上昇率では

1位シェブロン(+7.18%)
2位エクソンモービル(+5.06%)

となり大型の原油関連銘柄がダウ平均の上昇を牽引。

一方で下落率では1位アップル(-1.38%)
2位マイクロソフト(-1.35%)となり
ハイテク銘柄が下落しています。


周辺市場では原油価格が急騰し一時42ドル台を回復。

原油関連銘柄上昇の原動力となりました。

またドルインデックスが6月安値を割れる大幅安。

3月のコロナショック前の安値水準まであと一歩の
値位置にまで下落しています。


ダウ平均とドルインデックスの逆相関が進んだ
1日となりました。

上昇が続く株式市場ですが、ドルインデックスが
3月のコロナショック前の水準を割れる可能性もあるため
今後はドルインデックスの動向にも注意したいと思います。




■■ 日本市況の様子 − 昨晩の円高の影響を受け日経平均132円安に ■■


・日経平均株価 22,751円(-132)
・TOPIX 1,572.9ポイント(-9.7)
・東証1部出来高 10億8537万株
・同売買代金 1兆8880億円
・同値上がり473柄、値下がり1634銘柄、変わらず65銘柄

22日の日経平均は132円安となり反落。

昨日の米国市場はダウ平均が159ドル高となりましたが
日経平均は前日比若干のマイナスで寄り付き。

前場は22,800円を前後する値動きが続いた後に
後場は22,750円前後での取引となり
終日前日比マイナス圏での取引が続きました。

明日からの連休を控え小動きの展開の
1日となっています。


日経平均採用銘柄の下落率では

4位京王電鉄(-3.31%)
5位JR東海(-3.16%)
7位JR東日本(-2.92%)

となり電鉄銘柄の下落が目立ちました。


また4連休を控えており売買代金は1兆円台に。

今週は3営業日中、2営業日が1兆円台となり
週を通じて売買代金が少ない状態となりました。


為替市場では昨晩ドル/円が107円を割れており
東京時間は106円台後半の値位置をキープ。

本日の値動き自体は少ないものの、昨晩の円高進行が
株式市場の足を引っ張る形となっています。


日経平均23,000円目前の水準まで上昇しましたが
連休前の達成はなりませんでした。

しかしまだ目前の値位置にあるため
来週早々の23,000円回復を期待したいと思います。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   <初心者向け 投資で勝つ体質を作るのにおすすめ>
   「投資における3つの掟」

○ 負けない投資家になる大切な要素。これを知らずに投資では勝てない!!
○ 投資ルール、メンタルコントロール、資金管理の3つを解説
○ 投資セミナーで圧倒的に高い評価を受けているセミナー
○ 勝率30%でも儲けられる理由とは?
○ 100%全額返金保証付き

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
投資における3つの掟
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ サヤ取り デイトレ − enish(3667) vs サーバーエージェント(4751) ■■


22日のサヤ取りデイトレですが

売り 3667 enish
買い 4751 サイバーエージェント

を取り上げてみたいと思います。

enishから探してみたのですが
思ったよりも相関性の高いペアが少なくて
結局はサイバーエージェントになりました。

それでも、長期相関は高いという訳ではないので
あくまで短期狙いかなと思います。

4%くらいを目標値として見てみましょう。

enishは注意喚起が出ていますので、取引注意です。


寄り付きですが、enishが大幅下落となって
サヤとしては、いきなり縮小で微妙なところに。

多少上下もあったのですが
サヤとしては、あまり動きがなくて
寄り付きで動いたくらいでした。

10時くらいの時点で、ほぼトントンくらいで決済で
特別大きな動きはありませんでした。

しかし、後場に入って、13時くらいには
一気にサヤが縮小の動きとなって
3%以上のサヤ縮小となりました。

ここまで動くとは思わなかったのですが
後場まで粘れば、面白い場面もありました。



※「サヤ取り デイトレ」のコーナーですが
明日のサヤ取り デイトレペア候補については
サヤ取り王子の株式投資情報「プレミアム版」限定で配信しています。
サヤ取り王子の株式投資情報(プレミアム版)


※サヤ取りデイトレセミナーがDVDになりました。
デイトレに挑戦する場合は、事前にやり方を習得してください。
サヤ取りくんを使わず、証券会社のツールでデイトレできます。
http://sayadori.org/seminar/daytrade/




■■ 公開サヤ取りペア − 連休前1ペアだけに ■■


[7/10 寄り仕掛け] 9営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 2503 キリンHD 2113 2068.5 2.11%
買 8309 三井住友トラ 2949.5 2921.5 -0.95%
損益率 1.16% 目標値 5%


サヤ縮小となってきてくれました。

もう一つの、三井住友トラストが利益確定になったので
こちらのペアには、次の決済に向けて
良い方向に進んで欲しいなぁと思っています。



※サヤ取り公開ペアは、4営業日目から銘柄名が公開となります。
プレミアム版メルマガでは、全ての銘柄名が公開となります。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 柿田文和著 「週30分ルーティン投資術」 アマゾン1位獲得! ☆☆☆

○ 当メルマガで紹介しているサヤ取り投資を、投資初心者向けに執筆
○ 3つの特典付きキャンペーンを実施中
○ 「投資における3つの掟 DVD2巻プレゼント」もあり
○ 筆者サイン付き書籍もお申し込み可h

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
いまどき株で儲ける 週30分ルーティン投資術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ サヤ取り 編集後記 ■■


サヤ取り公開ペアは、1ペアだけになってしまいました。

新しいペアを選定しましたので
連休明けにエントリーしていきたいと思います。

逆張りと順張りと、1ペアずつエントリーしていく感じで
新しい取り組みを入れていきたいと思います。


相場については、コロナの影響を受けてから
個人的には退屈な動きになっていて
実体経済と全然合わない動きになっている時点で
少し関心が薄れてしまっています。

まあ、サヤ取りとしては関係ないところですが
経済的に、あまり面白みを感じないのですよね。


連休の後半になりましたが
引き続き感染予防に気をつけながら
楽しい連休を過ごしていきましょう〜


今日もメルマガを読んでいただき、ありがとうございます。

では、また月曜日に


※サヤ取り公開ペアの銘柄選定は、サヤ取りツール
「サヤ取りくん」を使って銘柄抽出を楽々行っています。

※サヤ取り公開ペアの記載ついて、投資を推奨するものではありません

※サヤ取り公開ペアは、利益確定5%、損切り5%、保有期間15日
というルールに基づいて運用しています。

※サヤ取りに個別材料は関係ありませんが、趣味の為にまとめています。