こんにちは。トライアングルズ 柿田です。




全くテレビのニュースは見ないので
ネットでのニュースが情報の主なのですが
オリンピックは、まだ開催の予定なんですね。

この状況が続く中で、不思議な感じですが
テレビとかだと、どういう風に報道されているのか分かりませんが
世の中とのギャップを感じます。

どう考えても、オリンピックは無理そうな気が...




■■ 投資コラム − クラブハウス買収案 ■■


世界的に、巨大な資本力があるところが
小さなところを吸収していく構図が進んでいますが
今度はクラブハウスがあがっています。

クラブハウスは、最近話題になっているツールですが
気軽に配信や特定のトピックに興味がある人が集まって
会話ができるツールです。

日本では、まだこれからという感じですが
ネットニュースなどでは、良く見かける感じがします。


そのクラブハウスですが、ツイッターが買収に名乗りを挙げており
80億ドルくらいの価格が提示されているようです。

GAFAなどの巨大な企業は、圧倒的な資本力で
これから伸びて行くであろう分野を吸収してきており
クラブハウスの買収に名乗りを挙げたのがツイッターです。


ツイッターは、巨大連合の中では
まだ弱いところがあります。

クラブハウスの買収案も、個人的にはしっくりこず
利用者数は伸びるのかもしれませんが
収益化というところでは、長い道な気がします。


どのグループに、どの会社が所属しているのか
今のIT関連企業を語るには、関係性の理解が必要です。

買収の動きなどは、適時キャッチしていく必要がありそうです。



※投資コラムは、柿田の経験に基づき、サヤ取りだけに限らず
 様々な投資や事業を通じての気付きをご紹介していきます。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<5年間負けナシ 「ローリスク サヤ取り投資法」>

○ 世界3大利殖術のひとつ「サヤ取り投資術」
○ 株価暴落でも慌てない。相場に左右されない、安定した投資術
○ ボタン一発「サヤ取りくん」ツールで、再現性の高いペア抽出
○ サヤ取り会員限定のメルマガ、黄金ペアのニュースレター配信
○ サヤ取り会員限定のセミナー・勉強会開催
○ 投資のお悩み相談、電話・メールサポート実施

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://sayadori.org/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ 世界市況の様子 − 株式市場は小幅安の中でドル安続く ■■


・ダウ平均 33,430ドル(-96)
・S&P500 4,073.9ポイント(-3.9)
・ナスダック 13,698.3ポイント(-7.2)

6日のダウ平均は96ドル安となり反落。

3指数揃っての下落となりましたが
いずれも小幅安に留まりました。


ダウ平均は5日に高値を更新しており
利益確定売りの出やすい環境下で
ボーイングなどの大型株が下落して
ダウ平均も下落することになりました。


ダウ平均採用銘柄の下落率では

1位ウォルグリーンBA(-1.94%)
2位ボーイング(-1.62%)
3位メルク(-1.57%)

となり小売、メーカー、製薬と幅広い銘柄が
売られることに。


周辺市場では原油価格(WTI)が一時60ドル台を
回復しましたが、最終的には59ドル台前半で取引を終了。

またドルインデックスは2日続けて大幅安となり
3月後半の上昇分をほぼ吐き出す形となりました。

米長期金利も10年債が1.7%を割れて1.6%台に突入しており
上昇一服が鮮明になりつつあります。


株式市場は大きな値動きとはなりませんでしたが
周辺市場でドルインデックスの大幅安など
変化が生じつつあります。

周辺市場の状況に留意しながら
株式市場の動向に注目したいと思います。




■■ 日本市況の様子 − 円高進むも日経平均は小幅高に ■■


・日経平均株価 29,730円(+34)
・TOPIX 1,967.4ポイント(+13.0)
・値上がり1839、値下がり310、変わらず41
・東証1部出来高 10億8380株
・同売買代金 2兆5516億円

7日の日経平均は34円高となり小幅反発。

昨日のダウ平均は96ドル安となりましたが
昨日は日経平均が392円安と大きく下落しており
買い戻しが入りやすい環境。

日経平均は昨日の終値付近で寄り付き
その後は29,700円を前後する展開が終日続いて
最終的に29,730円で取引を終了しました。


日経平均採用銘柄の上昇率では

4位日本製鉄(+4.32%)
6位JFE-HD(+3.95%)

となり鉄鋼銘柄が上昇。

一方で下落率では

1位ネクソン(-2.74%)
2位エムスリー(-2.15%)

となりネット関連銘柄が下落しています。


また為替市場では昨晩ドル円が急落しており
110円を割れて109円台後半での取引が継続。

そして売買代金は2.5兆円となり小幅な上昇ながら
まずまずの売買代金は維持しています。


昨晩ドル円が急落しましたが
本日の国内株式市場に与える影響は限定的となりました。

日経平均は30,000円を狙える値位置にまだ
あるため、30,000円の回復なるか注意深く
見守りたいと思います。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   <初心者向け 投資で勝つ体質を作るのにおすすめ>
   「投資における3つの掟」

○ 負けない投資家になる大切な要素。これを知らずに投資では勝てない!!
○ 投資ルール、メンタルコントロール、資金管理の3つを解説
○ 投資セミナーで圧倒的に高い評価を受けているセミナー
○ 勝率30%でも儲けられる理由とは?
○ 100%全額返金保証付き

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
投資における3つの掟
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ サヤ取り デイトレ − マネックス(6871) vs リミックス(3825) ■■


7日のサヤ取りデイトレですが

売り 6871 マネックス
買い 3825 リミックスポイント

を取り上げてみたいと思います。

マネックスと言えば、株取引ですが
今はすっかり仮想通貨での連動する動きになっています。

なので、相手ペアを仮想通貨系にしてみました。


寄り付きですが、リミックスが下落してスタートで
エントリーしやすい寄り付きとなりました。

マネックスは、寄り付きは変化なかったのですが
寄った後は弱い動きとなってくれて
見事にサヤ縮小の流れに。

2%くらいのプラスでしたが
無事に決済することができました。

デイトレとしての狙い目が良かった気がします。



※「サヤ取り デイトレ」のコーナーですが
明日のサヤ取り デイトレペア候補については
サヤ取り王子の株式投資情報「プレミアム版」限定で配信しています。
サヤ取り王子の株式投資情報(プレミアム版)


※サヤ取りデイトレセミナーがDVDになりました。
デイトレに挑戦する場合は、事前にやり方を習得してください。
サヤ取りくんを使わず、証券会社のツールでデイトレできます。
http://sayadori.org/seminar/daytrade/




■■ 公開サヤ取りペア − 厳しいマイナスの動き ■■


[3/22 寄り仕掛け] 13営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 2502 アサヒ 4706 4725 -0.40%
買 7270 富士重 2200.5 2129 -3.25%
損益率 -3.65% 目標値 5%


上下激しい動きではありますが
大きくサヤ拡大となってしまいました。

昨日から、3.5%くらいマイナスの動きで
毎日上下変動がありますが
大きくマイナス方向に動いてしまいました。

このペアも厳しい状況に追い込まれるかな。




[3/29 寄り仕掛け] 8営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 6752 パナソニック 1427 1405 1.54%
買 2801 キッコマン 6710 6640 -1.04%
損益率 0.50% 目標値 5%


少しですが、サヤ縮小しています。

大きな動きではないのですが、先のペアがマイナスだったので
少しでもプラスに動いてくれて安心です。

直近エントリーしたペアは、厳しい動きなので
このペアには、せめてがんばってもらいたいなぁ。



※サヤ取り公開ペアは、4営業日目から銘柄名が公開となります。
プレミアム版メルマガでは、全ての銘柄名が公開となります。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 柿田文和著 「週30分ルーティン投資術」 アマゾン1位獲得! ☆☆☆

○ 当メルマガで紹介しているサヤ取り投資を、投資初心者向けに執筆
○ 3つの特典付きキャンペーンを実施中
○ 「投資における3つの掟 DVD2巻プレゼント」もあり
○ 筆者サイン付き書籍もお申し込み可h

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
いまどき株で儲ける 週30分ルーティン投資術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ サヤ取り 編集後記 ■■


サヤ取り公開ペアは、厳しい流れになっています。

新しいペアの選定が終わっているので
8日の寄り付きからいれていく予定です。

新しい風で、がんばってもらいたいところです。



今日もメルマガを読んでいただき、ありがとうございます。

では、また明日〜