こんにちは。トライアングルズ 柿田です。



ゴールデンウィークは、いかがお過ごしでしょうか?

私は、しっかりと5連休を過ごしましたが
特別お出かけするでもなく、ドラマ見たりしながら
おうち時間を過ごしていました。

もう、見るドラマとかも、そんなにないかなと思っていましたが
発掘すれば、過去の面白いものも色々あるもので
意外とあっという間に終わってしまいました。

2日間仕事したら、またお休みなので
今日は、頭の中が休日モードでのお仕事だったのですが
連休明けの初日ということもあって、忙しい事もあり
何だか不思議な気分での仕事モードでした。




■■ 投資コラム − 任天堂減益予想 ■■


連休の中日にあたりますが
決算発表が多数出ていますので
そこから取り上げてみたいと思います。

既に、過去に取り上げたことがある任天堂ですが
今期の業績見通しを発表しています。

2022年3月期の予想としては、営業利益で5000億円と
前期からは22%減の予想となっています。


前期は、コロナの影響でのゲーム本体とソフトが売れ
特に、あつまれどうぶつの森は、大ヒットとなりました。

スイッチ本体は、他のソフトも安定的に供給されており
一時の品薄状態からはダッカy区していますが
いまだに高い人気を誇っています。


しかし、任天堂に限った話ではありませんが
世界的に半導体が不足する自体に陥っており
需要に対しての生産が追いついていない状況です。

どこのメーカーも半導体の取り合いになっていて
売上を伸ばす足かせになっています。

半導体技術も、日々進歩していますが
素材もそうですし、技術力を持ったところが少ないので
どうしても取り合いになってしまう状況があります。

もうちょっと、供給が安定してくれたらいいのですけどね。



※投資コラムは、柿田の経験に基づき、サヤ取りだけに限らず
 様々な投資や事業を通じての気付きをご紹介していきます。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<5年間負けナシ 「ローリスク サヤ取り投資法」>

○ 世界3大利殖術のひとつ「サヤ取り投資術」
○ 株価暴落でも慌てない。相場に左右されない、安定した投資術
○ ボタン一発「サヤ取りくん」ツールで、再現性の高いペア抽出
○ サヤ取り会員限定のメルマガ、黄金ペアのニュースレター配信
○ サヤ取り会員限定のセミナー・勉強会開催
○ 投資のお悩み相談、電話・メールサポート実施

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://sayadori.org/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ 世界市況の様子 − ダウ平均が高値を更新 ■■


・ダウ平均 34,230ドル(+97)
・S&P500 4,167.5ポイント(+2.9)
・ナスダック 13,582.4ポイント(-51.0)

5日のダウ平均は97ドル高で3日続伸となり
過去最高値を更新。

日本がGWの間の米国市場は上昇が続きました。


発表された経済指標で対前月比での悪化がありましたが
全体的な景気の回復傾向は維持されており
株式市場に対する影響は限定的となりました。

また景気の先行指標ともいわれる
銅価格が史上最高値を更新しており
投資家の買い安心感を誘いました。


ダウ平均採用銘柄の上昇率では

4位ゴールドマンサックス(+2.22%)
6位JPモルガンチェース(+1.31%)
7位アメリカンエキスプレス(+1.20%)

となり金融銘柄が上昇。


周辺市場では4月後半から上昇が続いた原油価格(WTI)が
66ドル台到達後に反落し、一時64ドル台まで下落。

最終的に65ドル前半で取引を終えました。

また米長期金利は下落が続いており
米10年債は4営業日続けての金利低下となり
1.5%台での下落が進んでいます。

ただしドルインデックスはほぼ横ばいの展開。


株式市場は堅調に推移しているものの
米長期金利の下落が続いています。

米長期金利の行方に留意しながら
株式市場の動向をフォローしたいと思います。




■■ 日本市況の様子 − GW明けの日経平均が500円以上の上昇に ■■


・日経平均株価 29,331円(+518)
・TOPIX 1,927.4ポイント(+29.1)
・値上がり1625、値下がり492、変わらず74
・東証1部出来高 15億2611万株
・同売買代金 3兆3807億円

6日の日経平均は518円高となり大幅反発。

GW明けは幸先良いスタートを切りました。


昨日の米国市場はダウ平均が史上最高値を更新するなど
国内は長期間の休みの中でも海外市場は堅調に推移。

日経平均は寄付き時点で29,000円を回復しました。

その後は順調に上昇し29,400円到達で値動きが
止まることに。

以後は29,300円を前後する展開が終日続き
最終的に518円高の29,331円で取引を終えました。


日経平均採用銘柄の上昇率では

1位JFE-HD(+8.00%)
2位日本製鉄(+7.50%)
8位神戸製鋼(+6.60%)

となり鉄鋼銘柄がいずれも大きな上昇を見せました。


為替市場ではドル円が109円台前半での取引が継続。

ドル円はGW中概ね109円台前半をキープしており
本日も大きな値動きは生じていません。

ただし売買代金は3.3兆円となり、3兆円台に到達。

売買代金を伴いながらの上昇となりました。


GW明けの取引は上昇しましたが
明日の晩に米雇用統計を控えており
来週から相場付きが変わる可能性もあります。

本日の上昇が今後も維持されるか
注目したいと思います。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   <初心者向け 投資で勝つ体質を作るのにおすすめ>
   「投資における3つの掟」

○ 負けない投資家になる大切な要素。これを知らずに投資では勝てない!!
○ 投資ルール、メンタルコントロール、資金管理の3つを解説
○ 投資セミナーで圧倒的に高い評価を受けているセミナー
○ 勝率30%でも儲けられる理由とは?
○ 100%全額返金保証付き

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
投資における3つの掟
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ サヤ取り デイトレ − デイトレお休み ■■


連休中日の相場も、窓を開けての動きになるので
デイトレはお休みにしておきたいと思います。

連休明けまでは、デイトレはできると思いますが
ちゃんと事前にペア選定するのは厳しそうです。



※「サヤ取り デイトレ」のコーナーですが
明日のサヤ取り デイトレペア候補については
サヤ取り王子の株式投資情報「プレミアム版」限定で配信しています。
サヤ取り王子の株式投資情報(プレミアム版)


※サヤ取りデイトレセミナーがDVDになりました。
デイトレに挑戦する場合は、事前にやり方を習得してください。
サヤ取りくんを使わず、証券会社のツールでデイトレできます。
http://sayadori.org/seminar/daytrade/




■■ 公開サヤ取りペア − 残ったペアも厳しく ■■


[4/12 寄り仕掛け] 15営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 6301 コマツ 3362 3338 0.71%
買 8795 T&D 1376 1353 -1.67%
損益率 -0.96% 目標値 5%


残されたペアですが、一気にサヤが拡大してしまって
3%以上の拡大となってしまいました。

そして、これで15営業日目になるので、明日決済。
ちょっとタイミング的に、ダメな感じです。

とはいっても、ルール通りに決済していきたいと思います。




[4/26 寄り仕掛け] 5営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 4188 三菱ケミHD 822.3 842 -2.40%
買 8766 東京海上 5366 5296 -1.30%
損益率 -3.70% 目標値 5%


こちらのペアも、2%以上サヤ拡大となっていて
全く良いところがありません。

非常に厳しい動きが続いている感じですが
もう一度チャンスは、やってきてくれるのでしょうか?!



※サヤ取り公開ペアは、4営業日目から銘柄名が公開となります。
プレミアム版メルマガでは、全ての銘柄名が公開となります。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 柿田文和著 「週30分ルーティン投資術」 アマゾン1位獲得! ☆☆☆

○ 当メルマガで紹介しているサヤ取り投資を、投資初心者向けに執筆
○ 3つの特典付きキャンペーンを実施中
○ 「投資における3つの掟 DVD2巻プレゼント」もあり
○ 筆者サイン付き書籍もお申し込み可h

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
いまどき株で儲ける 週30分ルーティン投資術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




■■ サヤ取り 編集後記 ■■


サヤ取り公開ペアは、連休明けの動きは厳しく
一気にポートフォリオが悪化の窓開けとなりました。

ここのところ、厳しい状態が続いているので
連休が終わったら、また新しいムードでの動きを期待したいです。

年初は、サヤ取りの貯金もあったのですが
この2ヶ月くらいで、その貯金もなくなってしまったので
またゼロからのスタートで、頑張りたいと思います。



今日もメルマガを読んでいただき、ありがとうございます。

では、また明日〜